2012/12/18 | 投稿者: 鹿苑院

以下、「正論だけど聞く人によってはこれほど残酷な意見もない」と評された持論を書きます。苦手な方はスルー推奨。



ありがたいことに夏頃からちょいちょいモテるようになった。ただ、学生時代の友達からは「それはお前がモテてるんじゃなくて金がモテてるだけ」と笑われてしまう。
それに対してオレはこう答えるのだ。
「それで良いじゃん。なんの問題があるの?」

この「金でモテるのは本当のモテではない」という風潮がオレはどうも理解できないのだ。
顔や体格でモテてる以外はモテてることにはならないのか? 金を稼げるようになったことも自分のスペックの一つではないのか?
後天的なものを理由にモテるのは本物でないというなら、スポーツ選手もアウトだ。イケメンでも乞食はモテないだろうし、どんなに美人でもAV女優や風俗嬢と結婚したいと思う男もなかなかいない。後天的な要素はかなり大事である。

「それはお前がモテてるんじゃなくて顔がモテてるだけ」「それはお前がモテてるんじゃなくて身長がモテてるだけ」とは何故言わない?
オレは結構な給料を頂いているけれども、何の苦労もせずにそうなったわけではない。ピカソが紙ナフキンに絵を描いたエピソードと同じで長い年月、怖い親父に怒鳴られ殴られながら勉強し、留年の危機に脅え、今思い出しても気分が重苦しくなるほどしんどかった国家試験の修羅場があってこうなったのだ。社会人になってからも怒られたり怒鳴られたりが何度もあった。
むしろ、何の苦労もせず生まれながらに持っている顔や体格を評価されてモテるよりも、金でモテる方が自分の努力や働きで勝負している点で立派だとさえ思う(同じ理由で金は金でも自分はたいしたことないのに親の金でモテるやつにはオレも反感持つけど)。

「金がなくなれば女は離れていくだろ」というのなら、イケメンも事故で顔がグシャグシャになればやっぱり女は離れていくだろう。スリムだった頃の小阪由佳は魅力があったが、激太りした姿を見ると抱きたいとは思えない。モテ要素を取り除いたらモテなくなるのは当たり前なことで、金の場合だけどうしてそんな当たり前な論がいちいち浮上してくるのかが不思議である。

中国では「英雄」の定義とは元来、多くの人に食を提供することができる人物のことを言う。劉邦に、曹操に、朱元璋に多くの人が付いてきたのは彼らがイケメンだったからか? 背が高かったからか? そうではあるまい。
動物でも餌をたくさん獲ってくるオスがモテる。これも至極当然のこと。動物の場合は体格の立派さがその能力に比例するのでつまりイケメンだけがモテても道理に適っているのだが、人間界ではその能力とこの能力とには相関関係が無いのは皆さんも御存知の通りである。

ただ、それなのにオレがまだ独りなのは簡単な理由で、オレが選り好みをしているからである。傲慢だ!と言われても仕方無いかもしれないが、「馬上少年過ぐ」という言葉がピッタリなほどに、青春らしいことも我慢して勉強ばかりしてきた前半生の成果を対価にするのだから、少しくらい贅沢言ってもバチは当たらないと思う。

妄言多謝。
0




AutoPage最新お知らせ