2012/11/5 | 投稿者: 鹿苑院

きゃりーぱみゅぱみゅの「ファッションモンスター」が至る所で流れてるが、オレは思う。凡庸な歌だなと。

「誰かのルールに縛られたくはない」って歌ってるけど、そのフレーズってポップスではありふれてるド定番だから、もう既に縛られてるわけで。
それでも他の歌手がそう歌うなら定石通りの様式美で悪くないんだが、きゃりーぱみゅぱみゅの場合は芸名にしろ「つけまつける」にしろ、定石おかまいなしなハチャメチャ感が売りだったのに、「あんた今さら平凡な常識人になっちゃうの?」という落差が痛々しい。

「つけまつける」の時みたいに意味ない言葉オンリーの不思議ちゃん路線で突っ切るなら良かったのに、歌詞に意味を持たせて──それもこの程度なら無い方が良いような──変に中途半端なメッセージ性を出してきたからただ痛いだけになってる。
宇宙人みつけてわくわくしてたら単にコスプレしてる地球人が言葉わからないふりしてるだけだったみたいなガッカリ感。

いやまあ、ファンでもなんでもないのにこんな力説するオレもオレだが…。
0

2012/11/4 | 投稿者: 鹿苑院

「のぼうの城」、見てきた。

原哲夫ワールドって感じだった。花の慶次とかSAKONとかを思い出した。無論それが悪いとは言わない。むしろそういうの大好き(笑)。戦国モノの映画はこうであって欲しい。

戦国ファンなら絶対見に行く価値のある映画だと思った。こういう映画をもっと見たい。
0

2012/11/3 | 投稿者: 鹿苑院

もう碁なんかやめたるわい。

…と本気で思った一瞬が今日はあった。守れない攻めれない活きれない殺せない。何も良いところがない。今ならチンパンジーと対局しても勝てる自信がない。趣味でストレス溜めてどうする。

ただ、不思議にやめたくない気持ちがあるものだから性質が悪い。
学生時代には学業そっちのけで部活部活とそればかり言っている奴を軽蔑していたが(過去形じゃなくて今もそうなんだが)、もしかしたらこれがそういう気持ちなのかもしれない。そうだとしたら鹿苑院もずいぶんつまらん男になったものだ。

まあ今日の大敗で弱点は浮き彫りになった。万波佳奈さんの問題集にしばらく没頭してみよう。これで駄目なら本当にやめる。
0

2012/11/2 | 投稿者: 鹿苑院

浄土真宗の仏壇は金ピカなのが勧められている。極楽浄土を再現するためだ。蓮如上人がそれを定めたんだが、別に金ピカでないといけないことはない。生涯を清貧で過ごした親鸞聖人の宗派にはむしろ金ピカは似合わないような気がする。仏壇そのものが無しで簡素な名号本尊だけを壁に掛けるスタイルもオレは好きだ。

洋風の家具調仏壇というのもあって、あれはオレは非常に良いと思う。仏壇も時代に連れ変わっていくのは全然悪いことじゃない。

…でも、これはさすがにやりすぎな気がする。

クリックすると元のサイズで表示します


まあ、オレにデザインを任せてくれたら浄土真宗用に金ピカのキングジョー型仏壇を作るな。
0

2012/11/2 | 投稿者: 鹿苑院

豊臣秀吉は連歌に凝ったが、時々わざと変な上の句を作って相手を困らせるいたずらもやったようだ。
「奥山に紅葉踏み分け鳴く蛍」というのもその一つ。

百人一首にある「奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の声聞く時ぞ秋はかなしき」をパクったものだが、蛍は紅葉を踏み分けはしないし鳴きもしない。

そこで細川幽斎(曾呂利新左衛門という説もある)が「しかとも見えず杣の灯火」と続けたのが上手い。木こりが灯している火がぼうっとして蛍の光のように見えるという意味にしたことで巧みに紅葉を踏み分けているのは木こりにしてしまった。さらに「しかとも見えず」の「しか」で元歌の「鹿」に掛けているあたりがまた憎い。
なお、「鳴く」の方に関してはありもしない古歌をもっともらしくでっちあげて切り抜けたらしいがあまり面白くないので割愛する。
2

2012/11/1 | 投稿者: 鹿苑院

「自殺」という言葉は「殺」という文字のイメージが悪いので「自死」と言い換えることに島根県ではなったらしい。

イメージ悪いままで良いと思うんだけどな。暴走族だって珍走団とかゴキブリ族とか恥ずかしい名前をつけることで抑止効果を…という議論があったぐらいだから、自殺ももっとイメージ悪い言葉に変えても良いくらい。わざわざイメージ良くしてどうすんの? 自殺を奨励したいの?

どうしても言い換えたいなら「自害」とか「自決」とかの既成の言葉もあるわけで、おかしな用語をわざわざ新製するのはいかがなものか。いかにも人権と言えば何でも通る日本らしいやり方だ。

まあ、「ニート」という言葉も元々は悪いイメージをマイルドにするために考え出された言葉だった。無職といえばカッコ悪いがニートといえば格好がつくと喜んでいたニートも当時はいたが、今やただの侮蔑語。「自死」とやらもすぐにそうなることだろう。
0




AutoPage最新お知らせ