2012/11/29 | 投稿者: 鹿苑院

天正10年に織田信長が甲州へ出陣した時の武田家の混乱ぶりほど酷いものはない。勝頼はせっかく造った新府城を自ら焼いてしまうし、信玄の姉婿・穴山梅雪は徳川家康に内通して武田崩壊のきっかけを作った張本人だし、信玄の弟・信廉は戦わずして逃亡したものの捕まって斬られている。
そんな中、武田一族で一人、武士の意地を貫いて徹底抗戦した男がいる。高遠城主・仁科五郎盛信。信玄の五男で勝頼の弟である。

高遠城を攻めたのは信長の嫡男・織田信忠。織田方5万に対して高遠方3千なのでまずは降伏勧告してみたが、あっさりと拒否された。
始まった戦闘は激戦になったが、いかんせん物量が違いすぎて、勝敗は最初から見えていたと言っていい。思う存分に戦った盛信は織田方に「お前たちが武運尽きて切腹する時の手本にせよ」と言い放って腹を切ったという。500名余りの家臣も共に討ち死にした。余談だがこのわずか数ヵ月後に織田信忠も父・信長と同じく明智光秀の謀叛に合い、本当に切腹している。

盛信の首は岐阜に送られ、長良川で晒されるが、胴体は彼を慕う領民が埋葬し、その地は五郎山と呼ばれている。
信州人にとっては武田家は侵略者なのであまり好意を持っていないらしいが、長野県歌「信濃の国」には彼が登場する。敵味方を超えて信州人を感服させる士道を彼が持っていた証と言っていい。ただし「信盛」という名になっているが。
0

2012/11/27 | 投稿者: 鹿苑院

あなたの家の近所に、何十年も昔の小学生時代の喧嘩を根に持ってあなたの悪口をあることないこと言い触らして回っている人がいるとしよう。そして彼は常々、あなたを破滅させてやりたいと公言しているとする。
そんな人がある日、あなたの家に上がりこんで、「あなたの家のお金の使い途を一緒に考えてあげるから、預金通帳とキャッシュカードの暗証番号を渡しなさいよ」と言ってきたらどうするだろう。

100人中100人が断るに決まっているだろう。0.01秒も考える時間が要らない当たり前の話。
家レベルの話なら誰でも解るこんな当たり前のことが、国レベルになると解らなくなる人がちらほらいる。外国人参政権を認めるというのはこういうことなのだ。

なお、その困ったさんが言い触らしているあなたの悪口をあなたが否定したら、彼の非は一切考慮されずに「オレをウソつき呼ばわりして名誉を傷付けたな!」と訴えられてあなたが逮捕されるのが人権侵害救済機関だ。

民主党が進めるこれらの法案に、自民党は両方とも明確に反対することをマニフェストに盛り込んだ。このことを見れば次の選挙はどこに入れるべきか明確に解ると思う。
0

2012/11/25 | 投稿者: 鹿苑院

「中年までは囲碁なんか知らず、あんなのに夢中になっているやつはアホかと思っていたが、やってみるとなかなかに良い物で雨の日の徒然にはピッタリだ。だから自分が知らない、興味ない物だからといってくだらない物と決め付けるのは良くないよ」
と、徳川家康がお江に宛てた手紙がある。

プロ棋士を給料が貰えるれっきとした職業にしたのは家康だが、その家康は三英傑の中ではどうも一番弱かったらしい。ちなみに一番強かったのは秀吉ではないかと思える。

家康の碁でのライバルは浅野長政だった。ある日、初代名人・本因坊算砂立会いのもとで二人が対局したが、家康のこの石が活きれば勝ち、死ねば長政の勝ちという場面になった。
「算砂、ここはこう打ったらどうかなあ?」
と家康が聞いてくるのを、第三者が口を挟むのはマナー違反なので黙っていたが、あまりにしつこいのでついにスルーしきれなくなって教えてしまった。
勝って上機嫌の家康が退出すると、「なんで教えたんだよ!」と長政は刀の柄に手を掛けてまで怒った。本当なら家康に非があるのだが、さすがに家康に文句は言えないので算砂に当たるしかなかったのだろう。算砂こそ良い面の皮である。

長政が亡くなると家康は碁石を手にすることはなくなったらしい。その頃には徳川家の天下はほぼ固まっているので、もしかすると家康にとっては囲碁も味方になる大名を増やすための政略の道具だったのかもしれない。
0

2012/11/23 | 投稿者: 鹿苑院

思い入れが強過ぎてなかなか読み出せなかった本がある。買ったままずっと本棚に置いていた。なまなかな覚悟で読むのは失礼とさえ思ったからだ。
吉川英治著「平の将門」、やっと読み始めた。本文中では必ずしもそうでもないのにタイトルに「の」がどうして入っているのかはわからない。

オレにとっては歴史上の人物はだいたい気安い昔馴染みの友達のようなもので、歴史小説を読むのも友達とおしゃべりするくらいの気安く楽しいノリだが、自分も属する坂東平氏の最大の英雄である将門公と、もう一人は菅原道真公にだけはそう軽々しくできない気持ちがある。尊敬が過ぎるとこういう風になるらしい。なお親鸞聖人も尊敬しているが、どうも優しいおじいちゃんという感じがして将門公や道真公に対するような緊張はしない。

調べていくうちに、神聖視さえしているこの2人が意外に強い結び付きがあることを知った。
道真公が亡くなった年に将門公が生まれており、生まれ変わりとする言い伝えがあること、道真公の三男・景行卿は東国に下向しており将門公と仲が良かったこと、将門公に新皇位を授けた巫女に憑依してお告げを下したのは道真公の霊であること…。
朝廷を牛耳る藤原氏の専横に悲憤を抱いて亡くなった道真公と、同じく藤原氏が専横を極める朝廷に対して兵を挙げた将門公…生まれ変わりという説もなんだか信じてみたくなる。

そして、公家政治へのリベンジと武家政権の樹立という道真公と将門公の夢を、将門公にとっては敵方であった六孫王こと源経基の子孫である頼朝が達成した(しかも将門公と縁の深い坂東平氏の豪族の協力を得て)というのも面白い。
さらにはやはり源氏の徳川家が天下を獲ると、将門公を江戸の総鎮守神とし、朝廷に掛け合って朝敵指定を解除させるという侠気を見せてくれる。オレはここに将門伝説のハッピーエンドを見る。
0

2012/11/21 | 投稿者: 鹿苑院

だいたい三国志の本は五丈原で諸葛孔明が亡くなるところで終わる。その後は蜀の滅亡から晋の統一までがダイジェスト風にさらりと触れられる程度というパターンが多い。

その割りを食っているのが司馬仲達だろう。孔明との戦いは互角だがその後の「死せる孔明、生ける仲達を走らす」で仲達の評価は落ちる。そして孔明を善玉と見た場合、仲達は悪役というイメージになるのもしょうがない。

しかし、実は五丈原以降の活躍にこそ仲達の真骨頂がある。孔明亡き後も続いた北伐への防衛、遼東攻略戦、曹爽一派へのクーデター…詳しく読むとかなり面白い。三国志で好きな人物を聞かれた場合にオレが必ず孔明と仲達の2人を挙げるのはこのためだ。三国志は五丈原までで終わっていてはもったいないのである。
0

2012/11/20 | 投稿者: 鹿苑院

小学生の嫌いな料理2位にうなぎがランクインしたらしい(1位はレバー)。
そう言われてみれば、オレも子供の頃はうなぎが苦手だった。脂っこい感じが苦手だったのかもしれない。
不思議なもので、いつの頃からか好物に変わり、うなぎを食べに行くとなるとその日一日楽しみでしかたがないくらいになった。オレの住んでいる市は、Wikipedia百科事典でも特筆されているくらい、何故かうなぎの名店が多いのだ。でも今年は高くて、名古屋のひつまぶしも例年の2倍の値段だった。

実はうなぎの旬は晩秋から冬。夏のイメージがあるのは、旬はずれで売れないうなぎを売りさばくためのうなぎ屋のステマが有名になりすぎた結果。
みなさんはカリッとした江戸式とふわっとした上方式のどちらがお好みですか? オレは江戸式に一票。
0

2012/11/19 | 投稿者: 鹿苑院

昨日のバンキシャがなんか変だなと思ったので検索してみたら、やっぱり同じ感想を持った人が多いらしい。

不自然なほどの民主党・中韓age、日本sage。
去年あたりからフジテレビと日テレの報道は捏造だらけだと思い込む奇病にかかったオレだから鼻で笑って終わりだけど、ああいうの信じちゃう人もいるんだろうな。まあうちは笑点見た後でチャンネル変えるのが面倒だからそのまま見てるだけなんだけど。

野田総理は人柄が信頼できるから民主党の支持率が上がったとかいう嘘くさいニュース(どこでアンケートしたんだろう? 北京? それともソウル?)の後で「世論調査なんてアテになりませんよ」と河上さんがサラッと言った一言でスタジオが一瞬気まずい雰囲気になったのは見ていて失笑物だった。やっぱり空気を読まない頑固者は世の中に必要だ。
0

2012/11/19 | 投稿者: 鹿苑院

両さんネタをもうひとつ。このカット、道徳の教科書に載せてもいいと思う。オレもこれで激怒したことがある。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2012/11/17 | 投稿者: 鹿苑院

上司に注意されたことに腹を立てて拳銃を抜いた葛飾署の巡査長がいたらしい。

葛飾署というところまで一致。何から何まで両さんじゃないか。懲戒処分になったらしいが、来週は何事もなかったように普通に勤務しながらプラモデルを作っていそうである。
0

2012/11/17 | 投稿者: 鹿苑院

韓流好きの人が「政治と文化は別」という書き込みをしているのをよく見掛ける。そのこと自体には異論はない。オレも北京の共産政府は嫌いだが中華料理や中国の歴史は大好きだ。

ただ、こう言いたい。「韓流って純粋な文化なんですか?」と。
あれは外貨獲得のために韓国政府内に国家ブランド委員会なる専門機関まで立ち上げてやっている事業である。とすると、どう考えても政治の色合いを帯びてくる。そう、韓流は文化かもしれないが同時にはっきりと政治でもあるのだ。だから、「政治と文化は別」というそれ自体は正しい文言を韓流好きを容認させるために使うのは不適切である。

「そんなの個人の好き好きでいいでしょ。何を好きでも自由だろ」というのもこれまたその文言自体は正しい。
ただし、そういう人間を白い眼で見る自由ももちろんある。日本国憲法には自由を謳う部分には「公共の福祉に反しない限り」というただし書きが付く。韓国政府の政治活動である韓流のために金を出し、反日運動の資金を提供することは日本国民に迷惑が掛かる行いではないか。公共の福祉に反しているではないか。
更に言えば、「何を好きでも自由」というのは韓国では許されていないということも、それを主張するなら知っておいて欲しい。
1




AutoPage最新お知らせ