2012/6/4 | 投稿者: 鹿苑院

毎週楽しみにしているアメリカのコメディ「アイ・カーリー」。先日放送分の回ではカーリーがやむにやまれず結婚式場で歌う羽目になるシーンがあるのだが、不覚にもそれを見て感動してしまった。寡聞にして、カーリー役のミランダ・コスグローブさんが歌手でもあることを知らなかったのだ。その歌がこれ。本当に彼女の持ち歌だったんだね。

0

2012/6/4 | 投稿者: 鹿苑院

大河ドラマ「平清盛」が視聴率の最低記録を絶賛更新中らしい。面白いのに勿体無いなと思う。

平清盛といえば、人気者の源義経を語る上で前半の敵のボスであり、巨大なダーティーヒーローの地位を盤石にしているメジャーリーガーだ。素材は決して悪くないはずだ。キャストも有名な俳優・女優が多数出ている。
また、戦後の平和主義教育でも受けたのかと思うような「イクサハイヤデゴザイマスー」という言葉を連発する演出(これをやると歴史ファン、時代劇ファンにとかく評判が悪くなる)も無い。作品として純粋に観ればこんなに低評価を受けるような代物ではない。

オレ流に不振の原因を分析するなら、「わかりにくい」のが一番の原因だと思う。
法皇だの上皇だの同じ称号を持った人が何人も出てきて、陰湿な冷戦を繰り広げているのは、予備知識があれば面白いがそうでなきゃ取っ付きにくいものがある。
しかも、平治の乱が起こるまでは源氏と平氏は別に敵対してはいないので、「なんで源氏と平氏があんなに仲良いの?」と混乱してしまうようだ。あまり歴史に詳しくない人はこの両氏は最初から犬猿の仲みたいに思っているようで、そのあたりの疑問がますます見たくなくさせているのかもしれない。だとしたら源平が直接対決する平治の乱以降なら視聴率を持ち直すかもしれないが、掴みの時点で失敗しているのでやはり苦戦は避けられないだろう。
1




AutoPage最新お知らせ