2012/6/30 | 投稿者: 鹿苑院



最後の一言に妙に納得してしまう。
1

2012/6/30 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


さっさと解散総選挙せよ。
0

2012/6/28 | 投稿者: 鹿苑院

福沢諭吉だったか勝海舟だったかが渡米した時に驚いたこととして、議会で対立している議員同士がその後レストランで仲良く食事していたことを挙げている。意見が違えば天誅と称して斬るのが当たり前の日本から来たら、それは確かに驚く光景だっただろう。

議会制民主主義とはこうしたものか──と福沢だか勝だかは感嘆したらしいが、では今の日本はどうだろう? 体制は議会制民主主義にはなったけれども、対立する議員同士が仲良く食事していたらたちまち週刊誌が、すわ癒着か内通かとスクープし、結局政治家なんて皆同じ穴のムジナ、誰を選んでも一緒なんだよとほざく輩が続出する結果になるのではないだろうか。現代でもつくづく日本人は民主主義の何たるかが解っていない。

もしかしたら日本人の文化に民主主義は合わないのではないかとすら最近思っている。日本の内政が最も安定したのは江戸時代だが、徳川将軍も老中も民主的選挙で選ばれたわけではない。日本人は民主主義よりも、強力な指導者に従う安易さの方を好む民族なのではないか?
その証拠に「政治的な発言をしない」ということが日本人の間では美徳にすらなっている。国民主権の国で国民が政治について考えないというのは途方もない異常事態なのだが。

だから民主主義はやめましょうとまで言う気はない。民主主義が日本に合う政体だとは思わないけど、それよりマシな政体も思い付かないからだ(まさかまた王制復古をやるわけにもいかんだろう)。
ただ、今の日本人は民主主義を担うには幼稚すぎるという嘆きを持って文の締めにさせて頂く。
0

2012/6/27 | 投稿者: 鹿苑院

オレも使っている台湾のPCメーカー、ASUS。そのASUSに関してこんなニュースが飛び込んできた。

台湾製パソコン基板、小さな字で「日本に神のご加護を」

以下引用。
 先日、フェイスブックの会員の間で反響を呼んだ1枚の写真があった。写真は何の変哲もないただのパソコン基板。だがよく見ると小さな字で「God Bless Japan(日本に神のご加護を)」と祈りの言葉が印刷してあったのだ。

 基板とはパソコン内部に装填(そうてん)されている主要部品で、普段はまったくユーザーの目に触れることはない。そこに日本への思いやりのメッセージがあった。 会員からは次々と「ありがとう。感激です」「感動した」など感謝のコメントが書き込まれた。同時に、いったい誰が、何のために、パソコンの内部基板にこのようなメッセージを印字したのだろうかと、大きな話題となった。

 「日本に神のご加護を」と印字された基板を搭載したパソコンを製造したのは台湾のASUSで、同社も日本から問い合わせがあるまではこの事実を認知していなかったようだ。ASUSによれば、印字は同社の技術者が独断で行ったことで、誰かは特定できていないがたぶん日本の一日も早い復興を祈ってやったのだろうとのことで、本件は黙認しているそうだ。



見えないところに労りの言葉。なんとも粋じゃないか。ガタガタつまらんことを言わずに黙認する会社も偉い。まこと台湾こそは東アジアの良心である。
2

2012/6/26 | 投稿者: 鹿苑院

思いつくまま列挙してみる。登場順はむかつく順ではありません。


・無駄にデカい声でしゃべるやつ
・車内でバカ騒ぎをしているやつ
・駅内の通路を横一列に並んでちんたら歩くやつら
・どんなに混み合ってても腕を組んで邪魔になってるカップル
・傘を水平に持っているやつ
・1人分以上の席を占領して座っているやつ
・自分は遊びに行くくせに、働きに行く若者に対して座席の領有権を主張する老人
・騒がしいガキを叱らない親
・土足で座席の上に立つガキ
・靴底などの不潔な物を触ったその手で手すりや吊り革に触るやつ
・携帯の着信音をマナーモードにしてない、しようともしないやつ
・改札を通り抜けた直後に立ち止まって後の人の邪魔になるやつ
・老夫婦の亭主関白(車内で嫁にやたらガミガミ怒鳴るし、他の客にも横柄な態度)


だいたいこんなところか。ありがちな車内で化粧とかはオレはあまり気にならない。
ただ、こういうウザい事どもに我慢して、自分の思い通りの環境にはまずならない電車で毎日通うのは精神修養の上ではとても良いと思う。もし自分に子供ができたら是非とも電車通学をさせたいと思っている。短気やわがままを治すのには有効な手段である。
0

2012/6/23 | 投稿者: 鹿苑院

エリシャはそこからベテルに上った。彼が道を上っていくと、町から小さな子供たちが出て来て彼を嘲り、
「ハゲ頭、上って行け。ハゲ頭、上って行け」と言った。
エリシャは振り向いてにらみつけ、主の名によって彼らを呪うと、森の中から二頭の熊が現れ、子供たちのうちの四十二人を引き裂いた。


旧約聖書「列王記下」より


ハゲをからかわれた仕返しに熊をけしかけて42人虐殺…。
やりすぎだろ。
しかも「子供たちのうちの四十二人」なので、もっといたことになる。ハゲをからかうためにガキが集団で何十人も押しかけてきたわけだ。どんなヒマなガキどもだ。確かにちょっとムカつくかもしれない。

このエリシャは奇跡を起こすのが得意な人だったらしく、
・エリコの町の水源を塩で清めた
・油を増やして寡婦とその子供たちを貧困から救った
・シュネムの婦人の子供が死んだ際、その子を生き返らせた
・毒物の混入した煮物を麦粉で清めた
・パン二十個と一袋の穀物を百人の人間が食べきれないまで増やした
・アラムの軍司令官ナアマンの皮膚病をヨルダン川の水で癒した
・水の中に沈んだ斧を浮き上がらせた

などをしたらしい。

それでもハゲは治せない(涙)。
油やパンや穀物は増やせても毛根は増やせないらしい(号泣)。
2

2012/6/22 | 投稿者: 鹿苑院



NHK「飛べ!イサミ」エンディングテーマ。今でもこの曲は良いと思うなあ。

龍の印は正義の印、この世に悪がある限り、天に代わって悪を断つ、新選組参上!!
1

2012/6/22 | 投稿者: 鹿苑院

6月30日、7月1日に開催を予定していた、韓流スターが集うライブイベント「K-POP IN豊岡・神鍋高原」が、急遽中止となることがわかった。主催会社のアンフィニジャパンが公式サイトで経緯を説明すると共に、7月中旬にも自己破産の申立をすると発表。しかし、チケット代金は「ほぼ全てを韓国プロダクションへの前金の支払及び開催準備費用に費消」と釈明し、チケット購入者への返金対応もしないと明言していることから、「詐欺なのではないか」「計画倒産か」といった声も挙がっている。

同社の発表によると、今回のイベントは「関係各所との行き違い等から、当初予定していたチケット販売計画は大幅な変更を余儀なくされ、チケット販売が低調に推移」していたとのこと。その結果、イベントを開催するために必要な各プロダクション、各業者への支払資金を捻出することができなくなり、直前でのイベント中止を決めたという。

イベント中止となると、気になるのはすでにチケットを購入してしまった人への返金対応だが、この点について同社は「現在、見るべき資産がほとんどない状態です。皆様にご購入いただきましたチケット代金についても、ほぼ全てを韓国プロダクションへの前金の支払及び開催準備費用に「費消」しているため、返金はできないとしている。

http://www.narinari.com/Nd/20120618274.html



これは完全に詐欺だろう。韓流というより犯流というべきだ(笑)。
>ほぼ全てを韓国プロダクションへの前金の支払及び開催準備費用に「費消」しているため、返金はできない
こんなもん普通は理由にならないだろう。こういう時は借金してでもちゃんと返金するもんだ。
なお呆れることには、この会社の社名「アンフィニジャパン」だ。すでに「アンフィニジャパン・プロジェクト」というまったく別の会社があり、無関係のこの会社に抗議の電話が来ているという。わざと既存の会社に紛らわしい名前を付けて隠れ蓑にしようとしたのだろう。

さて、TV局各社がどう対応するかが見ものだ。大規模詐欺事件として大々的なニュースにして取り上げるのが当然だが、韓流とズブズブのマスコミ各社はどう出るか。
「報道しない自由」とやらをまた振りかざすのなら日本のニュース番組の腐敗も極まれりといったところである。個人的にはTVのニュースなんてもう随分前から見る価値が無くなったと思っているが…。
0

2012/6/22 | 投稿者: 鹿苑院

0

2012/6/20 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


幕末もしくは明治に撮影された写真らしいが、1990年代の椎名へきるさんに瓜二つである。世の中には同じ顔が3人いるというが、本当にそうかもしれない。
1




AutoPage最新お知らせ