2012/3/10 | 投稿者: 鹿苑院

目を疑うようなニュースが入ってきた。
維新の会、遺産全額徴収を検討。

しばらくは開いた口がふさがらなかった。数ある橋下氏のバカ発言の中でも規模・内容において新記録を更新したひどさと言えるだろう。
これが可決することは相続という概念が日本から無くなるということである。親が死んだら子はその財産を一切受け継ぐことができず、すべて国が没収することになる。たとえば一戸建ての持ち屋でも親が死んだ途端に退去せねばならなくなり、もし子がまだ小学生でもそうせねばならないので、ホームレス小学生になって親も住処も金銭もなくして飢えて死ねというに等しい。

オレは橋下氏が世に出てきた頃から胡散臭さを嗅ぎ取って、一切支持をしなかったが、それが正しいことがこれで証明されたと思う。
ただ紳介の法律番組に出てお茶の間で有名になっただけの茶髪に「面白そうだから」というだけの理由で投票した有権者は猛反省してほしい。こういう馬鹿な有権者が多いのなら、現行のように20歳になれば無条件で誰にでも選挙権を与えるのではなく、筆記試験を行ってそれ相応の見識を持った人間にだけ選挙権を与えるようにしても良いと思う。

それにしても「維新の会」とは笑わせる。維新どころか墾田永年私財法より昔に戻そうとしている時代錯誤者の集まりではないか。
ああそうか、これは政党ではなくて大阪名物のお笑いユニットなんだな? まったくウケない不快なギャグばかりなので、売れない芸人らしく早く消えてほしいものである。
0




AutoPage最新お知らせ