2011/12/31 | 投稿者: 鹿苑院

豊臣秀頼が徳川家康の招待を受け、二条城に会見に赴いた時のこと。秀頼の護衛をしていた加藤清正は帰路で懐から隠し持っていた短刀をそっと取り出し、「これで故太閤(秀吉)の恩の半分を返した」とつぶやいた。もし徳川方が秀頼に危害を加えるような真似をしたらこの短刀で闘い、刺し違えてでも秀頼を守るつもりだったのだ。

今宵、紅白歌合戦に3度目の出場を果たす水樹奈々さん。今までの2回はまさにそんな清正にも似た思いで見守ってきた。今でこそほとんどいなくなったが、一昔前には「なんで声優が歌を歌うの?」なんて真顔で言う輩が後を絶たなかった。そういうのに限って自分の好きな歌手が声優としてアニメにゲスト出演すると大喜びするのだが。これぞ完全な保護貿易である。

そういう世間の無知厚顔よりも我々が心配していたのは(「我々」と書いたのはこれが鹿苑院一人の意見ではなく、同じように警戒する声がネット上に多くあったため)、NHKの方が変な演出をしないかということだった。例えばわざと一般人が見たら引くような萌え系アニメの画像を背景に流したり、客席にいる珍妙なオタクをわざと大映しにしたりといったイメージダウン必至の演出である。これを警戒してmixiなどでは、「客席に見に行くファンは変な服装をしたり、どんなに興奮してもおかしな振る舞いをしないように」という呼び掛けまでされていた程である。SMAPや福山雅治さんといったメジャーリーガーのファンはこんな苦労は想像したこともないだろう。

幸い、NHKは今までの2回ではそんな愚かなことはせず、他のアーティストと平等の扱いをしてくれていて好意が持てた。民放の歌番組に声優が出ると上記のような悪意ある演出がされる方が普通なくらいなので、奈々さんが紅白初出場した翌日の掲示板上では「あれ? おまいらが怒ってない!?」と驚く書き込みがあったくらいだ。

かつて林原めぐみさんが「徹子の部屋」に出演した時は、「○○の声やってください。わ〜すごい!」というような内容にはしたくないというめぐさんの希望をよく徹子さんが理解してくれて、とても満足いく内容になったという。声優もファンもそんな子供だましは求めていないのだ。

去年はまだ疑念が残っていたが、過去2回でNHKの良心を感じたので、今回は信頼している。オレの大好きな曲、「POP MASTER」だからさらに楽しみだ。短刀を持つことなく楽しみたい。
0

2011/12/29 | 投稿者: 鹿苑院

仏教の根本的な思想の一つに因果律がある。この根本的な思想が広く誤解されているところに今日の仏教の悲しみがある。

因果律とは一言で言えば、「結果には合理的な原因がある」ということだ。
例えば、「風邪をこじらせた」という結果があれば、「寒い所に長くいたからだ」という原因を求めるのが正しい因果律の解釈である。

しかし、仏教が各地に伝来していく過程で、「合理的な」という部分だけがすっぽりと抜け落ちてしまった。その結果、「風邪をこじらせた」という結果の原因として「昔友人をだまして悪どい金儲けをしたことの報い」という全然関係ない事柄同士を(仏のミラクルパワーで)結び付ける勧善懲悪的な思想に変質してしまった。このことはなにもつい最近のことではなく、平安時代に編まれた「日本霊異記」や「今昔物語」にもうその思想は濃厚に見える。

これも道徳訓としてはそれなりの価値があるが、困ったのはこのような間違った因果律の解釈が人を傷付ける方向に使われたこと、さらには意図的に悪用する者が現れたことである。「親の因果が子に報い…」などといって子供の病気や先天的な奇形、死産などを、親が過去にした悪事のせいであるとして差別を助長するような考え方は長くされ続けてきた。
「何の因果か知らないが…」という言葉が正しく使われているのを私は一度も見たことがない。

さらにはそこに付け込んで、「風邪をこじらせた」原因は「先祖の霊が祟っているから」などという歪めた因果律を売り物にして詐欺を働く者もいる。仏教のぶの字も知らない詐欺師と仏教のぶの字も知らない信者がコップの中だけで騙し騙されしているなら御自由だが、迷惑なのは得てしてまともな仏教者よりも詐欺師の方が声が大きいので、傍から見ると仏教というのはああいう胡散臭いインチキ宗教なんだと思われてしまうことである。

現代では宗教というものは非常にイメージが悪い。当たり前だ。詐欺師とそれに騙される信者とのやり取りばかりが目につけば、まともな人間なら避けて通ろうと思うに決まっている。しかし中には巧妙にテレビに進出して宗教とも思わせないまま信者を獲得する者まで出てきた。正しい仏教理解が広まればこんな奴らの好きにはさせないのに…と残念でならない。
0

2011/12/25 | 投稿者: 鹿苑院

中国史を見る時、主役的位置を占める漢民族よりも蒙古や女真などの異民族の方に感情移入するようになったのは、大河ドラマ「北条時宗」で元に興味を持ってからのことである。まあ自分も漢民族から見れば東夷という異民族だからという仲間意識も働いているかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します


中国全土を支配した異民族王朝は元の他には清しかないが(異民族の建てた王朝はいくつもあるが全土を支配したのは他にない)、その清が建国される頃の歴史が今オレの中で熱い。
衰えたりとはいえ袁崇煥や祖大寿などの名将を擁し、気鋭の皇帝・崇禎帝の治める明。ヌルハチが起こしホンタイジが基礎を固め、ホンタイジ死後は摂政王ドルゴンの指揮下に中国侵入を果たす清。中国本土で明への反乱を指揮した李自成とその参謀李厳(李厳は実在しないらしいが)。どの勢力にも魅力的な人物がおり、それぞれに応援したくなるのだ。ことに明の最後の皇帝・崇禎帝などは亡国の時にありがちな暗君ではなく、政務に熱心でむしろ名君といっていいほどだと思うが、それでも時勢に抗いえず滅亡を迎える姿がなんとも痛ましい。清では私が好きなのは摂政王ドルゴンで、プロフに使っている肖像画は実はこのドルゴンだ。

この時代を描いた小説は小前亮氏の「李厳と李自成」、井上祐美子氏の「海東青」が面白かったが、かの大御所司馬遼太郎氏の遺作「韃靼疾風録」もこの時代が舞台だ。これはまだ読んでいないので、来年の2月くらいに読む予定である。
0

2011/12/25 | 投稿者: 鹿苑院

北朝鮮では日本の漫画を持っていると逮捕されて強制収容所に送られるらしい。
漫画を持っているだけで逮捕…どこかで聞いた話だ。この北朝鮮の体制を異常だと思うのなら、日本もそういう体制にしようとしている政治家・団体を支持してはいけない。「漫画やゲームが弾圧されたらざまあみろだ」というような考えで支持するPTA的な連中もいるが、驚くべき浅慮である。そういう短絡的な感情論こそ奴らの付け入る隙ではないか。悪徳政治家より不勉強な国民の方が社会にとって有害であることを肝に銘じて欲しい。
4

2011/12/23 | 投稿者: 鹿苑院

今年も。

0

2011/12/19 | 投稿者: 鹿苑院

金正日総書記死去。跡継ぎがちゃんと決められているので、死去による影響はさほど大きくないんじゃないかと私は考えているけど、北朝鮮軍が健在をアピールするためにどこかに攻撃する可能性はある。どこかといっても韓国か日本しか考えられないが。

前の記事で触れた、韓国の李明博大統領が従軍慰安婦問題を蒸し返してきたのはおそらく、中国と対立したことで支持率が低下したので国民の視線を日本憎しの方に逸らさせよう、日本を叩くことで自分の支持率を上げようという魂胆だと思うが(古来から政治家がよく使ってきた手)、もし北朝鮮軍が韓国に進軍したとしたら、韓国は中国と日本と北朝鮮とを同時に敵に回すということになる。李明博大統領もついてない男だ。まあそうなったら現実的には日本の自衛隊はアメリカに気を遣って韓国の後方支援をさせられるだろうが。

さあこれから東アジア情勢はどう動くか。日本にテポドンが飛んでくる事態は勘弁してほしいが、無いとは言い切れないところが怖い。
0

2011/12/19 | 投稿者: 鹿苑院

優しさを失わないでくれ。
弱い者をいたわり、互いに助け合い、どこの国の人達とも友達になろうとする気持ちを失わないでくれ。
たとえその気持ちが、何百回裏切られようと──。



この「エースの願い」の末尾の部分を今噛み締めている。また裏切られたのだ。韓国に。
日本大使館前に従軍慰安婦の銅像を建てて、謝罪と賠償をしなければ何体でも建てる。日本は永遠の負い目を持つだろうとの言い草。従軍慰安婦の強制連行はウソだというのは世界の共通認識になっているというのに、日本はお人好しにももう何十年も賠償金を払い続けているではないか。それでも尚、それはなかったことにしてまた一から払えと言わんばかりのこの態度。もう日本人はウンザリしてます。

先日、「君は韓国嫌いだから」と言われて驚いた。そういう自覚はなかったのだが、過去のブログを読み返してみるとそう取られても不自然ではない記述が時々あるのは否めない。私の友人にはいわゆる在日韓国人もいるし、百済の聖明王には仏教徒として恩義を感じてもいる。なにより「エースの願い」もあるので韓国を全否定する気持ちはもちろん無いのだが、今回のような態度は許容しがたいと思う。
0

2011/12/18 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


さくら剛さんの新刊「感じる科学」の発売記念イベント(トークライブ&サイン会)に行ってきた。

さくらさんといえば旅行記、旅行記といえばさくらさんというくらいだが、今回は旅行記ではなく科学の解説本。入門書のための入門書というスタンスで、いつものさくらさんらしく笑わせてくれながら科学がわかる。こういうのを書ける人は凄い。難しい話を難しく書くのは実は誰でもできるが、笑わせながら誰でも分かるように書くのは至難の業である。才のある人にしかこれは書けない。オレが物理の本を喜んで読む日が来るとは思わなかった。
0

2011/12/16 | 投稿者: 鹿苑院

風邪だのなんだのでいろいろ大変で、ここ数日ブログ更新をサボってすまなんだm(__)m

取り急ぎ近況報告ということで。
2月から名古屋にある曹洞宗系の大学歯学部の教員の端くれになることに決まりました。多分研究が主な仕事になりそうなので、向かないセンスないと言われ続けてきた臨床からは少し手を引く形になるかなと。無論まったくやらないこともないでしょうが、メインではなくなると思います。只今、期待と不安と緊張がごちゃ混ぜになっているトコロ。
1

2011/12/11 | 投稿者: 鹿苑院



不覚にも大笑いしてしまったじゃねーか! 本当はなんて言ってるのかが気になる!
0




AutoPage最新お知らせ