2011/10/2 | 投稿者: 鹿苑院

岐阜市歴史博物館の薬師寺展に行ってきた。あの有名な国宝の観音様も間近でじっくり見れた。薬師寺のお堂の中にあってはこんなに至近距離で見れないが、こういうチャンスがあるから博物館は良い。あ、今日が最終日だったからこれ読んで行きたくなった人はもう遅いよ。

さて、博物館で一番楽しいのはなんと言ってもミュージアムショップである(笑)。オレなどは今日は展示を見るのは後回しにして真っ先にショップに直行したくらいだが、そこには薬師寺管長・山田法胤さんがいらっしゃって、本を買うとそれに揮毫してくれるとのこと。そこでオレが買った本がこれだ。

クリックすると元のサイズで表示します


薬師寺の法相宗は玄奘法師の宗派である。法胤師はこの本を書いていないが、快く一筆書いてくれた(もっとも絵葉書とかの適当なものに書いてもらっている人も結構いた)。偉いのは、どれも同じ言葉を書いているのではなく、買った本や絵葉書、その人の発言などからわざわざ書く言葉を瞬時に選んで書いていたことである。
オレが「玄奘法師のファンなんです」と伝えたところ、書いてくださったのがこれだ。

クリックすると元のサイズで表示します


まさに玄奘法師を象徴する言葉ではないか。「不東」──西方天竺に辿り着くまでは断じて東に退がることはないという決意の言葉。今日オレは法胤師のこの書を通じて、まさに玄奘法師その人に会えたような気がする。
1




AutoPage最新お知らせ