2011/9/29 | 投稿者: 鹿苑院

中山身語正宗なる宗派の僧侶と信者が、その娘を除霊のための滝行とやらで窒息死させる事件が起きた。宗派の発表では「滝行はあるにはあるけど自発的にやるもので強要するものではないし、除霊という意味合いはない」とのこと。この発表がトカゲの尻尾切りでなく正直な話だとしたら、これは最早宗教とは関係ない所で起きた、ただの殺人である。実際、中山身語正宗は胡散臭いカルト宗教ではなく、普通の仏教団体のようだ。だとするとやはり悪いのは容疑者2人のみか。
もし他に悪者を探すとしたら、昨今のテレビ局がそれに当たるかもしれない。一時期ホソギさんやらエハラさんやらミワさんやらをやたらテレビに出して、霊が本当にいると断定するかのような放送を垂れ流していた罪は誰が責任を負うのか。

このブログを長く読んでくださっている方ならもう先刻承知だと思うが、仏教には除霊などという概念はない。そもそも霊というものの存在にも否定的である。だから、仏教僧を名乗りながら除霊だのなんのと言い出す輩がいたら、間違いなく仏教のなんたるかも知らぬインチキ野郎だと思って差し支えない。

かつて司馬遼太郎氏は親鸞聖人を指して「生まれついて非宗教的家的な体質」と評したことがあるが、この指摘は言い得ている。そしてさらに私が思うには、同じことは釈尊その人にも言えると思うのだ。除霊だの悪魔祓いだの、古代インドのバラモン教で盛んだったそういう物に嫌気がさしたから、そこから離れて釈尊は仏教を開いたはずなのに、何故か自称仏教の中からそういうことをする者が現れて、そればかりが耳目を集めるために仏教自体がそんなものという誤ったイメージが蔓延する。これは真面目な仏教徒には迷惑この上ない話。

最後に、ふざけているように聞こえるかもしれないがかなりマジに。
全国のナカヤマシンゴ君がこれをきっかけにいじめられることがないようにと願っている。
0




AutoPage最新お知らせ