2011/8/14 | 投稿者: 鹿苑院

我が家は代々の医者ではなく、私一人が医者である。親戚にもいない。だから、医者目線から見た時にとんでもないことを時々家族がやるので、そのあたりの認識のズレから喧嘩になることもある。

診療に使用した白衣を洗濯のために私は紙袋に入れて持って帰る。その紙袋を母が小物入れにしていたので、喧嘩の末、紙袋ごとすべて廃棄処分にしてもらった。考えてもみてほしい。使用後の白衣は不特定多数の人の歯の削粉、唾液、血液、その中に含まれる細菌やウイルスなどの病原体が付着しているのである。それをそのまま入れた紙袋の内面も同程度に汚い。その中に自分の私物を入れて日常生活に使うということが如何に危険なことか。またその汚染された私物を触った手を洗いもせず家のあちこちを触ればまた汚染が拡がるではないか。そうさせぬ為には、汚染が疑わしい物に触れた時は他の何かに触る前にすぐ手を洗うしかない。家族に馬鹿にされながら私が手を頻繁に洗っているのはそういう理由である。
汚い物に触れた物は汚いし、汚い物に触れた物に触れた物もまた汚いし、汚い物に触れた物に触れた物に触れた物もまた汚い。元を断たねば汚染の連鎖はいつまでも続くのである。こんなのは医療の世界では常識だが、一般にはそうではなさそうだ。

もしおおらかな人が「私はそんなの気にしない」と言ったところで病原菌が「あ、お呼びでない? こりゃまた失礼しました〜」とその場を引き取ってくれるわけもない。「神聖な仕事着を汚いなんて言うな!」という精神論も論外である。仕事着の神聖さを病原菌もわきまえて遠慮するなどということがあるわけもない。

「いちいち細かいことまで言うから腹が立つ」と母は言ったが、「子供がライターを持って遊んでたら大声で叱らなきゃいかんだろ、それと一緒だ!」と私は言い返した。憎まれ、ウザがられながら家族を感染から守っていることに、誰か気が付いてくれているだろうか。
0

2011/8/12 | 投稿者: 鹿苑院

旧約聖書の主要シーンともいうべき大洪水。神ヤハウェの命令に従って、ノアは各種の動物を1つがいずつ方舟に乗せ、全滅を免れる。方舟から放った鳩がオリーブの葉をくわえてきたのを見たノアは洪水の終息を悟り(これが理由で鳩は平和のシンボルになった)、方舟を降りて神に生贄を捧げる。焼けた生贄の匂いを嗅いだ神はノアに語りかけ、ノアの子孫が地上に栄えることを約束する。

私はこのストーリーにも一つ疑問を見付けてしまったのだが、皆さんはおかしな所に気付いただろうか。問題はノアが何を生贄に捧げたのかということである。洪水の後まで生きていたということはその生贄にされた動物は方舟に乗って生き延びた動物のはずである。しかも1つがいしかいないということは、1匹焼き殺した時点でその種は絶滅するはずではないか。まあメスが妊娠していてオスを生贄にしたのであれば絶滅は免れるがそれにしてもそんな絶滅危惧種を生贄にしますかねぇ…。だいたいせっかく方舟に乗って生き延びたのに直後に焼き殺されるのでは割が合わないにもほどがある。
0

2011/8/10 | 投稿者: 鹿苑院

最近、旧約聖書を読む機会を得た。読んだ感想は「面白い」。ただし、聖書で説く全知全能の唯一神・ヤハウェ(エホバ、アラーとも言う)に対しては共感を抱くことができなかった。むしろ腹立たしいと思うことさえあった。ユダヤ教でもキリスト教徒でもイスラム教徒でもない私だから、遠慮せずに書いてみたいと思う。

特に私が強烈に嫌悪を抱いたのはイスラエルの王・サウルに対するヤハウェの行動である。サウルは元は一般人だったが、ヤハウェのお告げによりイスラエルの王に即位する。ヤハウェの加護の下、戦に勝ち続けたサウルはやがて傲慢になりヤハウェを軽んじ始め、「アマレク人を皆殺しにせよ」というヤハウェのお告げを無視して金品と引き換えに助命したため、加護を失う。その結果、サウルとその息子は戦死して血統は絶え、イスラエルの王位はダビデの血統に移る──。

どうだろうか。このあらすじを読んで違和感を感じるのは私一人ではないはずだ。
サウルは元は一般人なのだから王にさえならなければ平凡に生きこそすれ悲惨な末路を迎えないでもよかったし、ヤハウェが全知全能ならサウルがそういう末路を迎えることもあらかじめ知っていたはず。なのにわざわざ不幸の道に突き落としたというのがツッコミポイントの第一。
ツッコミポイントの第二は「アマレク人を皆殺しにせよ」という命令。積極的に大量虐殺を奨励し、それに従わないとその人の子孫まで絶やしてしまうという残虐さ。

実は聖書全体を通して悪魔が殺した人の数は10人だが、ヤハウェが殺したのは203万人。ノアの洪水もカウントすれば3000万人超。そもそもヤハウェはことあるごとに儀式の生贄(動物を生きながら焼くというパターンが多い)を要求する描写も多く、あまり生命というものを重んじる神ではないようだ。なのにヤハウェがモーセに与えた十戒にはぬけぬけと「汝殺すなかれ」である。

結論を言うと、聖書を読んだがセム系一神教の信者がなぜこの神を信仰するのかが余計にわからなくなった。何が魅力でこの神を崇めようとするのかが理解できない。もしこのあたりの心理を解説してくれる人がいたら御教授願いたい。
0

2011/8/7 | 投稿者: 鹿苑院

それやこれやで忙しい。日々の診療に加えて、院長が一人はまってるセミナーがうざいことに宿題なんぞ出しやがるので、昼休みも満足に取れない有様である。夜ともなればふらふら。布団に入れば死んだように熟睡である。もし司馬懿がオレの現状を聞いたら「それでは鹿苑院の命も長くはないな」とほくそ笑んで、総攻撃を決意することだろう。急いでオレの木像を作らなくちゃ。

そんな中、診療時間中に本業をおろそかにして自分だけ宿題をしている院長が、オレの宿題への取り組み方に熱心さが足りないなどと叱ってきたので、さしも温厚の国から温厚を伝えにやって来た温厚の塊みたいな鹿苑院さまも覚悟して物を申した。
「あなたは仕事せずに宿題に打ち込んでるからいいけど、みんなは診療時間中フルに働いて、その後で疲れた体で自分の時間を割いて宿題してるんですよ。そんなこと言うんなら院長も診療時間中に宿題をするのはやめてください。」
その返事は「みんながそんなふうに思ってたなんて気付かなかった」というもので、一応謝罪してくれた。

こんなくだらん現状が続くならいっそクビになった方がさっぱりするわい、という心境で溜まってた物を吐き出したので実にすっきりした。結果としてクビにもなってないし立場が悪くなったわけでもなく、まして後悔など微塵もしていない。

さて、今日は休日を返上して勉強会である。嫌々行かされるクソ面白くないセミナーではなく、自分の意思で申し込んだ勉強会。こっちの方が興味もあるしやる気もある。
0

2011/8/4 | 投稿者: 鹿苑院

特に啓蒙的意図とか政治的メッセージのつもりはなくて、普通に素朴な疑問なだけなんだが、被災地応援のためとして東北産の農産物は好調な売れ行きなのに、東北産の飼い葉を食べた牛の肉はなぜこんなに避けられるんだろう? 生物濃縮とかあるから? どうも不思議だ。
0

2011/8/1 | 投稿者: 鹿苑院

オレ史上ここまできらびやかな2日間がかつてあっただろうか? 1日目は大和魂の公録でかかずゆみさんに親しくお言葉を賜り、もの凄い倍率の中、投稿メールも採用されるという武門の名誉(その一部始終は明日更新の「かかずゆみの超輝け!大和魂!!」をお聞きください)。

2日目は黒部進さん出演の舞台で、ご本人より招待を受け楽屋を訪問。もちろん舞台も最高で盛り上がりまくり。

…なんかね、さらっと短い文で書いちゃってるけどすっげえ感激してんだって。感激しすぎるとあんまり細かい描写ができないんだよマジで。だって、かかずゆみさんと黒部進さんって、オレにとって好きな人の双璧。二大最高峰なんだから。そのお二人に連日で会えて、しかも他のファンへのそれとは違う鹿苑院ならではの親しみを見せてくださって…、こんな名誉で面白いこと他に考えられないじゃないか。
0




AutoPage最新お知らせ