2011/6/12 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


某店で売っている三英傑珈琲シリーズ。以前に飲んだ家康珈琲は丸みのある、日本茶のように癖のない飲みやすい珈琲だった。今回買った秀吉珈琲は家康珈琲よりもやや苦味・酸味ともに強い、濃厚な味だった。さて、次は信長珈琲だ。
0

2011/6/12 | 投稿者: 鹿苑院

さくら剛さんのツイッターより。

「新刊「中国なんて二度と行くかボケ! …でもまた行きたいかも」が、幻冬舎文庫で7月6日ごろ発売になります。」

とのこと。発売したらすぐ買う所存。
私の父は司馬遼太郎氏の本を読んで「とてもこの人にかなう文は書けない」と文筆業の夢を諦めたそうだが、私はさくらさんの文で同じことを思った。もうオレのさくらさんへの惚れ込み様というものは曹操の関羽への惚れ込み様にも匹敵するものがある。

そして、発売を待つ間はインターネットラジオの「さくら通信」を聴いて待つべし。
0

2011/6/12 | 投稿者: 鹿苑院

先日、友人と歩いていたら金華山下の名和昆虫博物館の傍を通り掛かったので、友人がこんなことを言い出した。
「オレ昔アトラスオオカブトって欲しくてさ」
「あ〜オレもヘラクレスオオカブトが欲しかったよ」
「カッコイイもんなあ」
「オレたちが子供の頃は本の中でしか見れない憧れの存在だったけど、今は平気でどこにでも売ってるもんなあ…」
「でしょ! 信じられないよな」
「時代の流れを感じるなあ」

今日も立ち寄ったホームセンターには狭いパックに詰められたアトラスオオカブトが元気なく座っていた。誰もそれを珍しそうに見る人もいない。
0




AutoPage最新お知らせ