2011/5/30 | 投稿者: 鹿苑院

鹿苑院が「私は愛国者である」と自認する時、その愛する「国」とは国家や政府のことは指していない。私が愛するのは日本の歴史や文化である。聖徳太子が礎を築き、足利義政が完成させた物のことを指す。

「俺には愛国心なんて無い」という人に関しては、それはそれで良いんじゃないかと思う。そういう人間とはオレは関わらない、という突き放した無視ではなく、その考え方も理解できるからだ。自国だけを愛する心は他国を憎む心にしばしば繋がる。愛国心は戦争の元になることもある。だから愛国心なんて持たないという考え方にも私は敬意を表するし、外国文化にも興味を持つようにしている。
0




AutoPage最新お知らせ