2011/1/18 | 投稿者: 鹿苑院

前回の「江〜姫たちの戦国〜」で、織田信長公がおかしなことを言っていたので今更ながらツッコミ。

対面したお江に向かって、「生まれは天正の初めであったな」と言っていた。
このセリフがなかったら普通に何の違和感もなく見ていただろうが、これを聞いた瞬間驚くべきことに気付いた。なにしろ信長は天正10年に死んでいるのである。このセリフから計算される最もお江が年長となり得るケース、すなわちお江が天正元年の生まれだとし、あの対面の場面が天正10年の信長が死ぬ直前だとしても、お江は10歳!

なお、秀吉が三木城を囲んでいるというセリフがあったため、厳密に調べると三木城包囲戦は天正7年で、お江はやはり天正元年の生まれだった。すなわちあの場面の時点で7歳! 7歳の幼児を上野樹里が演じていることになる! いくらなんでもまだ子役で良いのではないか。子役を使えない事情はなんだ? 信長がお江に槍を向けるシーンがあるが、子供に向かってあんなことをやるとうるさい奴がいるから? あの自称ユニセフ親善大使のおばさんだったら本当は子供の幸せなんか考えていないからそんなことで苦情なんて言わないと思うけどね。公○党の得にならないことには関心ないからあの人は。
0

2011/1/18 | 投稿者: 鹿苑院

実は昨年の暮れくらいに、ツイッター始めてました
島涼香さんがブログの更新をやめてツイッターに移行してしまったので、それに付いていっただけで、前にも書いたように、相変わらずよくわからないので、そんなに熱心につぶやいてはいないけど。まあ気が向いたらフォローしてやってください。
0




AutoPage最新お知らせ