2011/1/16 | 投稿者: 鹿苑院

子供の頃、生まれ変わりが怖かった。自分ではない誰かに変わってしまうということは、この世からもあの世からも自分がいなくなるということで、幼い頃の私にはこれほど怖ろしいものはなかった。生まれ変わりをロマンチックに語る人の気が知れなかった。

仏教はこの問題にも答えてくれた。仏教においては生まれ変わりというのはあまり肯定的には捉えられない。永遠に生まれたり死んだりを繰り返して生まれ変わり続けることを輪廻といい、正しい仏教によってここから脱け出し、永遠の安住の境地に至ることを解脱という。生まれ変わるとは言ってみれば、生涯において仏教に出会えなかった人への追試験のような物。つまり、幼少時の私の生まれ変わりを怖れる気持ちは仏教的にはあながちおかしな感覚ではなかったわけだ。

ただ、仏教的に肯定されるパターンの生まれ変わりもある。例えば本地が救世観音菩薩である南岳慧思が聖徳太子に生まれ変わり、恵心尼公に生まれ変わり、かかずゆみさんに生まれ変わったと言われるのがその例だ(最後は個人的にくっつけた)。
すなわち、偉大な聖人は正体は仏や菩薩だが衆生済度のために何度も自由自在にこの世に現れるという。これを還相廻向という。浄土教においては極楽往生は最終ゴールではなく、凄腕講師である阿弥陀如来の指導によって悟りを開いて、還相廻向でバリバリ働くことを最終目的とする。なお、鎌倉時代の貴族の中には「極楽浄土に行ったらもうずっとそこにいたいんですけど、どうしても還相廻向しなきゃダメっすか? 正直勘弁して欲しいんすけど。」と法然上人に質問した人がいたらしい。上人がどう答えたかは忘れた。

では、輪廻に関して大勢至菩薩の歌声をどうぞ。
0

2011/1/16 | 投稿者: 鹿苑院

映画「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」も封切りから日が経ったので、そろそろ詳しい感想を書いてもいいだろう。辛辣に書かせてもらうが、大好きなウルトラシリーズへの愛の鞭だと思ってほしい。

はっきり言ってつまらなかった。前作「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」も良い点はあげられなかったが、今作はもっと点が低い。ゼロ以外の歴代ウルトラ戦士の戦闘シーンがなく、「敵が攻めてきたけどウルトラ戦士の皆さんの活躍で片付きました」というナレーションひとつで終わらせていたのはあまりにもひどい。歴史あるウルトラシリーズへの敬意というものが感じられない。

ストーリーもびっくりするくらい薄い。「かっこいいヒーローが強い敵をブッ倒す」、要約すればそれだけで、ウルトラシリーズの醍醐味である深遠さがまるでない。
前作の監督はハリウッドでメガホンを取ってきた人らしいが、それがいけなかった。悪い意味でハリウッド化しているのだ。映像の迫力は凄いけどストーリーは薄い。日本的な陰影礼賛が無い。差別的な言い方を敢えてするなら、ハンバーガーとホットドッグしか食ってない、ケチャップべったりの味しか知らない、日本料理のダシの奥深さなど理解できない人がいかにも喜びそうな映画なのだ。

この感覚はどこかで味わったことがあるなと思ったら、WCWのプロレスを見た時の感想と同じだ。あれをたまたま見た友人に「おまえプロレスが好きっていうけど、あんなのが好きなの? 明らかにショーじゃん」と言われた時の腹立ちである。新日本や全日本の真面目なプロレスとは全然違うわけで、オレもWCWのショーマンなプロレスには全然魅力を感じないのだが、関心のない人は「プロレス」というひとつのカテゴリーでしか捉えない。WCWがしょーもないショーマンプロレスをやっているせいで新日本や全日本(およびそのファン)まで迷惑するのだ。「あれを見てプロレスってのはああなんだと思われたら迷惑なんだよ!」と声を荒げた記憶が甦る。今こう言わねばならぬ。「あれを見てウルトラマンってのはああなんだと思われたら迷惑なんだよ!」

総評すれば、「子供が見たら喜ぶ映画」。それ以上のものではない。
1

2011/1/16 | 投稿者: 鹿苑院

仙谷も馬渕も嫌いではなかったオレは菅内閣の改造など不要だと思っていた。とはいえ、「嫌いではない」程度なので、絶対に改造すべきではないというほどの考えではなく、まあやるならやれば?くらいに思っていた。

しかし与謝野馨氏の入閣には失望した。民主党最高顧問である渡部恒三氏が、「自民党政権の中枢にいた人が下野すると民主党にすりよって大臣になるとは恥ずかしい」と言っていたが、まさにその通りである。まして与謝野氏はわざわざ本まで出版して民主党の批判をしていたではないか。本のタイトルは『民主党が日本経済を破壊する』。こんな変節漢がいるだろうか。みっともないの一言である。

0




AutoPage最新お知らせ