2010/10/29 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


『もしリアルパンクロッカーが仏門に入ったら』
このブログを読んでくださっている方への必読図書としたい。久々に買って良かったと心の底から思った本。もし聖徳太子が現代日本に再誕して再び摂政として国政を執り始めたら、国民への必読図書にするのではなかろうか。いい感じの馬鹿馬鹿しさで笑いながら読み進めるうちに、釈尊から龍樹、玄奘を経て日本仏教に至るまでの大乗のなんたるかが一通りは解るようになっている。「馬鹿馬鹿しいが、馬鹿では書けない本」とはまさにこれである。

公式ページ
0

2010/10/27 | 投稿者: 鹿苑院

18:55くらい。話題にしているのはこの日のこと。自分で拍手を3回くらい押そうとか言いながら実際には6回押したので、誰か心優しい方があと2人押してくれたのだろう(その2人まじありがとう!!)。自分以外にたった2人…少々寂しいと思っていたが、他ならぬ御屋形様にお褒めいただければ百万人に褒められたより価値がある。俺はやっぱりこの人に帰依するのだ。
0

2010/10/26 | 投稿者: 鹿苑院

午前の仕事を終え、昼休憩中にネットを開いた俺の目に飛び込んできたのは「満島ひかり、映画監督の石井裕也氏と結婚!」のニュースだった。


あはっ、あははっ…結婚だってよ〜満島ひかりが(号泣)。昔行ったダンドリ娘のDVD発売記念の握手会で見せてくれた笑顔は俺だけに向けられた笑顔だって信じてたのに…。だいたい結婚するってことはこれから最低でもチューぐらいはするってことじゃないか。不潔よ! 不潔だわ! あんたなんかウルトラマンと結婚してウルトラマンヒカリになればいいのよ!!

…と、ひとしきり取り乱してみたところで、気を取り直して。本当におめでとうございます。拙者は流浪人。また流れるでござる。

0

2010/10/25 | 投稿者: 鹿苑院

週刊少年マガジン連載中「生徒会役員共」。オレも割合好きな漫画で毎週チェックしているんだが(このカミングアウト自体が結構リスキーかもしれない)、アニメ版はやっていることは知っていても見たことはなかった。しかしもう少し情報が入るのが早ければ或いは見たかもしれないし、逆に断じて見ようとはしなかったかもしれない。なんとあの人が出演(轟ネネ役)していたとはね…!

それはいいのか!? あんなきわどい作品にあの人が出ていいのか? なんかもう極端に言えば大日本プロレスの電流爆破時限爆弾金網デスマッチに玄奘三蔵が参戦したような、それくらい不似合いであり、不自然であり、異次元であり、考えられもしない、そういうキャストである。一体オレはどういう受け止め方をしたらいいんだ!?
0

2010/10/24 | 投稿者: 鹿苑院

中日が巨人を破り日本シリーズ進出を決めた。今日の中日新聞を読むと、「圧倒的な力の差」などと書いてあり、さも楽勝したかのような書き方だが、とんでもない。昨日テレビで見ていた限りは相当ヒヤヒヤする試合だった。ブランコを代走で引っ込めた後に同点に追いつかれたものだからどうなることかと思ったが、私の好きな和田選手が決着を付けてくれた最高の幕切れだった。

中日は3年前にも日本シリーズに出て日本一になっているが、あの時はリーグ2位。クライマックスシリーズで勝ち抜いたから日本シリーズに出れたのであって、日本一になってもリーグでは2位というのはどこか心の引っ掛かりになったのは否めない。今回日本一になったら、今度こそなんのケチもつかない文句なしの日本一となる。
0

2010/10/24 | 投稿者: 鹿苑院

「仏閣を建立せば、聖徳太子を安置すべし、太子は和国の教主なり。われ本師救世の告命によりて、如来の本願を弘るにあり。予が門人たらん者、必ず太子を安置すべし」
(大谷遺跡録)


親鸞聖人の言葉と伝わる。実際、南北朝時代までは阿弥陀仏ではなく太子を本尊とする真宗寺院も多かったようだ。これが本当に聖人の言葉なら、太子像を祀っている私の信仰形態に他ならぬ親鸞聖人がお墨付きをくれたことになるが、本当に聖人の言葉だろうか。「仏閣を建立」とか「予が門人」とかいう言葉は、歎異抄にみられる聖人のイメージとは少し違いを感じる。
0

2010/10/22 | 投稿者: 鹿苑院

日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙無しや…

聖徳太子が小野妹子に持たせて隋の煬帝に送ったこの国書は、当時の感覚からすればすさまじい度胸である。アジア社会においては中華帝国は絶対的な権威であり、どの国も大隋の顔色を窺わなかった国はない。それを東海の小さな島国である日本が対等の態度に出ているのである。
ちなみに、よく誤解されているがこの国書で対等の態度というのは「日出ずる処、日没する処」という文言ではなく(そんなものはただの方位を表す言葉に過ぎない)、「天子」という称号を使っていることである。天子とはすなわち皇帝(天皇)のことだが、中華思想においては天子は中華皇帝以外にこの世におらず、周辺諸国の元首は「王」と呼んだ。この世にたった一人の「天子」であるはずの煬帝にしてみれば、日本の「王」ごときが自分と同じ「天子」を名乗ったからなめとんのかとなるわけである。

かくのように、中国に対して一歩も譲らない毅然とした態度を示した偉大な先人がかつて日本にはいた。これが現今でも日本人のあるべき姿である。なお、私は菅政権が中国に対して弱腰だとは思わない。戦後日本の対中国外交では最も強硬な態度を見せていると言っていいのではないだろうか。自民党の谷垣総裁が「菅政権は中国に対して弱腰過ぎる」と街頭演説していたが、どの口が言っているのかと思う。自民党政権はそんなに毅然とした外交をしていたとでも言うのだろうか。
0

2010/10/21 | 投稿者: 鹿苑院

星野仙一さんが楽天の監督になるようだ。阪神を退団することで、ともあれ我がドラゴンズにとって同じセ・リーグの敵でなくなったことは少し安心する。パ・リーグは西武が好きだったが、星野さんが指揮するなら楽天を応援しよう。

星野さんは「また甲子園に帰ってきます。日本シリーズでね」と言っていたが、そうはさせない。たとえ日本シリーズにおける敵の大将であっても、ナゴヤに帰ってきてもらう。まずは今年、巨人とロッテを倒して景気をつけてから、来年は星野楽天と決戦である。
0

2010/10/18 | 投稿者: 鹿苑院



よく勉強なさってますね。
0

2010/10/18 | 投稿者: 鹿苑院

「線香臭い」という理由で御香禁止令が出たので、それに変わるものを聖徳太子さまのためにいろいろ考えた。アロマランプなどは香りが弱すぎるのでいまいちだったが、遂に良いものを見付けた。それは何かと聞かれたら、ポプリである。保留剤というのがあって、白檀や乳香、没薬(これは未経験)の香りをベースにできるらしいし、エッセンシャルオイル等を混ぜてアレンジもできる。香炉にポプリを満たしたら見映えも良さそうだ。花を愛した先代の鹿苑院さまにも喜んでもらえるのではないだろうか。しかも、折しも偶然にも私は今、ポプリのポピュラーな材料であるラベンダーとカモミールを育てているではないか。花が咲かなきゃ本当に地味なので、芽の今は雑草と見分けがつかなくてどれをむしったらいいのかよく判らないという困った状況なのだが。

実は乳香の優しい香りがすっかり気にいったので、鹿苑精舎最初のポプリは乳香ベースにしたいと思う。作る楽しみっていいね。
0




AutoPage最新お知らせ