2010/7/12 | 投稿者: 鹿苑院

今日の私が言いたいことはこの記事と同じということで。各自目を通してください。

自民党の勝利で消費税増税は決定。後期高齢者医療制度も存続。年金も派遣切りも改善はされなくなる。これらは民意だから誰も文句は言えない。特に自民党に投票した人には文句言う権利などまるでない。

あと、外国人参政権反対を理由に自民党に投票した人も多いと思うが、これは逆効果になる可能性が高い。今回の選挙で民主党にとって国民新党が連立政党として頼りにならないことがわかったため、では国民新党を切って次はどこと組むかとなった場合、組織票で安定した議席が得られる党を選ぶのは必然。そう、去年まで自民党と連立していたあの党──公明党だ。公明党も外国人参政権賛成のスタンスなので、民主党と公明党が連立したら外国人参政権は即座に成立するだろう。公明党との連立は絶対にしないと言っていた小沢一郎氏はもはや窓際族である。外国人参政権に反対するならば、こういう形で民主党を刺激したのはむしろまずいと知るべきで、この選挙は日本の寿命を縮めたかもしれない。誰が悪いかといえば、マスコミの扇動にあっさり乗せられて、一度はダメだと判断したはずの自民党に再び投票した、短絡的で節操も定見もない国民が一番悪いのである。

「国民はその民度に応じた政府しか持てない」
金言である。この言葉がこれほど痛感されたこともかつてない。
0




AutoPage最新お知らせ