2010/7/31 | 投稿者: 鹿苑院

御香の世界に足を突っ込んでもう数年が経つが、気付いた事がある。香水香(花の香りなんかの現代的なやつ)は飽きるのが早い。いろいろ使ってみて出た結論──俺は沈香が好きだ。白檀も好きだが沈香の方が僅差で上。欲を言えば伽羅(沈香の中でも最上級品をこう呼んで特に区別する)が一番良いに決まっているが、そこまでの贅沢は言えない。
0

2010/7/30 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


今日はこの入浴剤を使った。日本海をイメージした青色の湯。泉質は「敵に塩を送る」の故事にちなんだ食塩湯。いい湯だった。

しかし入浴剤を見るといつも思うのだけど、袋に書いてある効能・効果は信じられるんだろうか? 冷え性とかしっしん、あせもくらいならまだわかるが、打ち身、くじき、神経痛、果てはリウマチとかになるとホンマかいなと思ってしまう。入浴剤で治るくらいならそれは何もしなくても治る程度のものなのでは…?
0

2010/7/30 | 投稿者: 鹿苑院

大袈裟なタイトルを付けた(笑)。

二十日大根を今育てている。その過程で若芽を間引きしたところ、大量の貝割大根を食う羽目になった。そのへんで売られているような、脱脂綿の上で育てられたものとは違う、土の上で日光を浴びて育った貝割大根である。背は低いが太い。これが美味いのなんの、あっという間に平らげてしまった。よし、次は真打の二十日大根だ。生のままマヨネーズをつけて食べるのが最高。楽しみだ。
0

2010/7/25 | 投稿者: 鹿苑院

このブログの一番新しい記事の下にはスポンサーのCMリンクが出るようになっているが、「時宗の念珠ならこのページ」というのがあったので白昼恐竜でも見たかのような驚きを感じた。もちろん現代にも時宗徒だっている筈だが、ひどく珍しいもののように思っている。

リンク先はこのページ。アクセスしたら普通の浄土宗用の念珠だった。一遍上人は浄土宗西山派の出身なので念珠も共通しているのだろう。

それにしても浄土宗用の念珠はかっこいい。我が浄土真宗は浄土宗より純粋な念仏の教えであると門徒の私としては思っているし、劣等意識は無いのだけど、この念珠の形と徳川家康を信徒に持っていたことだけはなんとしても羨ましい。
0

2010/7/25 | 投稿者: 鹿苑院

やっと新しい野球チームに入団できた。1番ライトで先発出場。前にこのブログに書いた実験をしてみた。バッティングフォームを中日の和田のように変えてみたらどうか──。

実験結果はなんと出塁率10割である。ははは、どうだ、参ったか!! 第一打席が死球で第二打席が四球だけど。…え? なに? 打たなきゃいけないなんて誰が決めたのさ?

第一打席の出塁後は死球の痛みもなんのその(元々たいして痛くなかったけど)、盗塁2つ決めて三塁まで進出。投手の暴投に乗じてホームインだ。ちなみに、「俺たちは走れと言われても勘弁してくれって言いたいけど、自分から走るやつは初めてだ」と言われた。試合は12対2でコールド勝ち。
0

2010/7/24 | 投稿者: 鹿苑院

帰ってきたらテレビで「となりのトトロ」がやっていたので少しだけ見た。この物語が放送禁止にならず今もテレビで放送できるのは鳩山元総理による政権交代のおかげであることを認識している人はどれほどいるだろう? サツキとメイがお父さんと一緒にお風呂に入るシーン、欧米では児童への性的虐待となり逮捕されてもおかしくない重大犯罪である。

麻生政権下での自民党と公明党は、アグネス・チャンに国会でウソの証言をさせてまで日本を欧米と同じような病的な取締りをする国にしようとしていた。「ちょっと待った!」と言ってくれた民主党が自公を下野させてくれたから今のところはそうならずにいる。

先の参議院選挙で、日本人はマスコミの扇動によってコロコロ意見を変えるような定見の無い人が多いことが実証されたので、次の衆議院選挙ではまた自民党が勝って与党に返り咲くかもしれない。そうなった時、本当にトトロが見れなくなるかもしれない。「そんなバカな。あれほどメジャーな作品が取り締まりを受けるものか」という人はアグネス・チャンが中国人であることを思い出そう。かの国は日本の良質な映像作品を妬み、恨み、消そうとしているではないか。これを文化的侵略と呼ばずして何と呼ぶ?
0

2010/7/23 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


稲葉山城は難攻不落の名城だった。織田信秀はこの城を手に入れようと一生の間もがき続けたが遂に果たせず、その息子信長は攻略作戦開始から7年かけてようやく手に入れている。

信長によってこの城とその城下町の名が「岐阜」と改名されたが、信長による落城以後、この城の不落神話は崩壊したようだ。信長の死後、その三男信孝は岐阜城に籠城するも羽柴秀吉の大軍の前にあっさり陥落したし、関ヶ原の戦いの前哨戦で織田秀信(信長の孫)が守った時は池田輝政、福島正則ら東軍諸将の前にわずか1日で落城している。信長が7年かけてやっと落とした城が、時代が数十年下ればわずか1日で落城してしまうということに恐ろしい時代の進歩を感じる。登場時はあんなに強かった天津飯がピッコロ編以降めちゃくちゃ弱くなったのを連想する(ちょっと違うかな…)。ちなみにヤムチャは最初からたいして強くなかった。

関ヶ原の戦い後、この城は廃城・解体され、岐阜の街の主城は加納城になる。
0

2010/7/21 | 投稿者: 鹿苑院

0

2010/7/19 | 投稿者: 鹿苑院

以下、どうでもいい話。面倒だから敬称略。

テレビを見ていたら、かねがね思っていたことを再び思い直した。ずばり、明石家さんまは司会がヘタだ。番組出演者が話し始める時のわずかな間の悪さだとか言い方、しぐさのおかしさ、あるいは言い間違いや噛みなどを細かく捉えてツッコミを入れるのはいいのだけど、そのツッコミがあまりにも長過ぎる。見ている側としてはそれだけ気になる話が本題に入るのを待たされるわけで、イライラする。それだけ話の流れのテンポも分断されてしまう。一度目や二度目は面白いが、三度目ともなると「もうそんな細かいツッコミどうでもいいんだよ! 話を聞かせろよ!!」と言いたくなってしまう。

バラエティ番組の司会といえばさんま以外にタモリ、ビートたけし、所ジョージが挙げられるが、タモリなどはほとんど聞きに徹している。タモリ自身による印象的な発言というのはあまりない。自分を殺してゲストを輝かせるのがタモリだ。
ビートたけしと所ジョージはゲストも目立たせてちゃっかり自分も目立つタイプで、司会としてはこのタイプが最上だろう。
そこいくとさんまはどうも、ゲストの輝きを横取りして自分だけが目立つタイプに思える。

さんまに恨みがあるとか嫌いとかいうわけでは全然無いのだけど、思っていることをともかくも書いてみた。読み流してくれればそれでいい。
0

2010/7/17 | 投稿者: 鹿苑院

「かつてインドに釈迦あり、エルサレムにキリストあり。我が日本には親鸞聖人あり。」

──かつてヤプール人(正確にはマザラン人)はそう辻説法していた。親鸞聖人を釈迦やキリストと比肩し得る人物として挙げているのを聞く限り、どうやらヤプール人は真宗門徒のようだ。異次元にも伝わっているという念仏の教えがいかに普遍的に受け入れられるものか、弥陀の本願の深さ大きさを今さらのように思い返す。というか、そういう心を持っているのなら地球征服なんぞより念仏弘通を目指せよ。それならウルトラマンAも快く協力してくれただろう。

海洋堂製作・親鸞聖人フィギュア。
0




AutoPage最新お知らせ