2010/6/17 | 投稿者: 鹿苑院

…なんか特例が認められて昨日付けで退職させてもらえた。結局のところ、あの職場は私には体育会系すぎた。悪い所だとは言わない。ただ私には合わなかった。

来週月曜からは地元、実家と同じ市内に勤める。だから入居したばかりだが名古屋のマンションともわずか2週間でお別れとなった。

前の職場を円満退職できたこと、これからは職場が近いから朝ゆっくり寝れる上に実家だから金が貯まる(家賃と生活費を考えたら最低でも月8万円は違う)ことには安心しているが、なんとなく都落ちの侘しさは感じる。「お前の夢は都会に出ることじゃなかったのか」と過去10年間の自分に責められているような気もする。「開業する時は岐阜市(名古屋まで電車20分という便利な街)くらいには出るさ」と連中には言い聞かせているけれど、東京が名古屋になり、名古屋が岐阜になり…と段々小さく収まってきた夢が何か寂しい。

…まあ、都での夢破れて帰った故郷で大を為すのは、私の尊敬する大伯父・平将門公も通った道である。失われてしまった夢を歎くより、ここから狙える一番大きなものを目指すことにしよう。
0




AutoPage最新お知らせ