2010/4/26 | 投稿者: 鹿苑院

昔、プロ野球で誕生日に登板したピッチャーを見て、解説の牛島和彦氏が「誕生日に登板するってイヤなもんですよ」と言っていた。本当にそうだと思う。誕生日が休日だったらめっちゃ嬉しいが、普通に仕事の日だと楽しくも面白くもなんともない。

なんかここ数年、毎年のように「ろくでもない誕生日自慢」を書いているような気がする。多分俺が期待しすぎなんだ。うん、きっとそうだ。誕生日だから何か嬉しいことが起こるなんて、そんな都合のいいことが現実に起きるもんか。現実は小説よりも平凡なり。

というわけで、今年もつまらぬ誕生日だった。むしろアンラッキーデーだった。もう空しくなるからおめでとうなんて書かないでくれ。
1




AutoPage最新お知らせ