2010/2/28 | 投稿者: 鹿苑院

「サザエさん」など見ると、カツオ君が漫画を読んでいるシーンではほぼ100%の確率で笑いながら読んでいる。あれは教育に悪いのではないかと思う。子供への教育上ではなく、大人への教育上である。

漫画を小説などよりはるか下に見る大人は多い。私の親も大掃除のたびに「いい加減漫画なんか捨てろ」と必ず言う。内容を伝える媒体が文字から絵に変わっただけのことで何故そこまでの厳然たる差別が発生するのか不思議だが、考えてみるとこれには漫画の進歩をめぐる世代の違いが大きいのではあるまいか。

今の漫画ファンは、漫画にも小説に負けないほどシリアスなストーリーと深いメッセージを持った作品があることを知っている。漫画をバカにする世代の大人というのは例えば「トムとジェリー(以下トムジェリ)」のようなストーリーは別にない、軽く笑えるだけのものしか知らない。彼らが漫画を読んでいた子供の時代にはそういうのしかなかったからしょうがないが、それは価値観に違いが出て当然である。こちらがどんなにシリアスな作品を見て感動していても、あちらの感覚では「トムジェリをみて感動するとかバカじゃないの?」と思ってしまうわけだ。現状認識がまるで違う。こちらはライオンが出たと言って騒いでいるのに、向こうは蟻の話だと思っているから「そんなの踏み潰せばいいじゃん」としか思わない。

彼らの世代にも手塚治虫という巨人がいたはずだが、惜しいかなその手塚があまりに偉大視されすぎているため、手塚は確かにシリアスな漫画を描いたけどそれは手塚だけのことで、他の漫画はすべて未だにトムジェリレベルを脱していないと思い込んでしまっている。そこで私が言いたいのがタイトルの言葉だ。「手塚の後に手塚あり」。

力道山はプロレスの元祖としてその功績は不滅だが、技の研究も進み、練習の技術も様変わりした今のプロレスを知っているファンから見れば力道山のプロレスは単調で退屈に見える。今のプロレスの方が華やかで面白いのは当たり前のことで、それはいささかも力道山をけなしたことにはならない。だって今のプロレスがあるのも力道山のおかげなんだから。
同じことが漫画にも言える。今の作品で手塚作品よりもシリアスで内容が深いものはたくさんある。確かに手塚は偉大にしても、手塚以降の作品がすべて手塚に劣る無価値な作品だと決め付けるのはおかしい。手塚や力道山は先駆者だから偉いのであって、彼らの作品が後の世代の誰も越えることができない傑作だと思い込むのは幻想ですよ、とここまで書いて筆を置く。
0

2010/2/26 | 投稿者: 鹿苑院

幕末ビギナーがつまずきやすい一番のポイントが「尊王攘夷」の理解が難しいことだと思う。辞書的な意味では「天皇を尊び異人を日本から追い払うこと」で正しいが、多くの本で長州や土佐の反幕府的な志士のことを尊王攘夷派と書いていることが多い。そしてその尊王攘夷派の最大の敵が新選組であった──とまあ、こんな書き方が大多数だ。しかし、小説や時代劇など見ると新選組の近藤勇や土方歳三も時々「尊王攘夷のために」などと言っているものだから混乱して当然だ。新選組は尊王攘夷派の敵なのかと聞かれたら、答えはイエスでありノーでもある。ほら、ますますわからなくなってきただろう? 幕末物は視聴率が取りにくいとかつて言われた一因がこれである。

謎を解く鍵は「尊王」とは何かということにある。そして、「尊王」と「勤王」を混同しないこと。そこがミソなのだ。

「尊王」とは文字通り天皇を尊ぶことである。厳密にはどうか知らないが、当時の人物は全員尊王派と考えてよい。では何が尊王なのか、何をしたら天皇は喜んでくれるのか、それに関する見解の違いから「尊王」は「佐幕」と「勤王」に分かれる。前者は「天皇は徳川幕府に政権を委任しているのだから幕府を支持することが即ち天皇を尊ぶことにもなる」という思想で、後者は「幕府を倒して天皇が直接政治をする体制を作ることが天皇を尊ぶことだ」という思想である。

幕末の天皇である孝明天皇は自身が徳川幕府贔屓で、はっきりと佐幕派であったために孝明天皇が存命中は幕府が有利だったが、崩御して明治天皇が立つと情勢が逆転してしまう。後は周知の通りの明治維新である。

…ということを踏まえて「龍馬伝」を見ると理解しやすいでしょう。
0

2010/2/25 | 投稿者: 鹿苑院

ひさしぶりに機嫌が悪い。
「会津中将はもっとひどい濡れ衣を着せられて、今の俺より何万倍も悔しかったのに死ぬまで一言の文句も言わなかったんだぞ」と自分に言い聞かせることで、物に当たりたい衝動はなんとか抑えることができた。
それにしても今日は気分が悪い。
0

2010/2/23 | 投稿者: 鹿苑院

薩摩藩士や坂本龍馬の伏見での定宿・寺田屋は現在も旅館として営業中である。そこへもってきてタントエグゼのCMで龍馬に扮する香取慎吾が「寺田屋よりくつろげる空間じゃき」なる爆弾発言。大丈夫かこれ? 抗議来ないか? そんなの許可取ってるに決まってるさと言われたらそれまでだけど…。
0

2010/2/22 | 投稿者: 鹿苑院

丸くとも
 一かどあれや人心
あまり丸きは
 転びやすきぞ



坂本龍馬作の和歌。実に龍さんらしい。
0

2010/2/21 | 投稿者: 鹿苑院

昨日の「世界ふしぎ発見」は面白かった。インドサファリのベンガル虎の特集で、インド好き、動物好きの俺には片時も目が離せないほど面白かった。ただ、ミステリーハンターが、「象の上に乗れば虎も襲ってこれないから近付いても安心で〜す♪」みたいなことを言っていたが、そうでもないみたい。これ見てもそんなこと言えるかい?↓↓↓



余談だが、俺はこれを書きながらアッサム産の紅茶を飲んでいたりする。わりと渋め。
0

2010/2/20 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


萌える般若心経だとさ。我が宗派では般若心経は管轄外だけど、こういうのは大歓迎。一般の人にとっての仏教への敷居を少しでも低くできれば良い。そして次作はかの橘家の三姉妹に浄土三部経を題材にやっていただきたいものである(阿弥陀経以外は長すぎるから不可能かな)。


世の中安穏なれ
仏法広まれ
念仏の声を世界に 子や孫に
1

2010/2/20 | 投稿者: 鹿苑院

全然盛り上がってないと思っていたバンクーバー五輪だが、昨日のフィギュアあたりから私の周りでも盛り上がり始めた。そして昨日だけで何度「織田信成に似てるね。本当にそっくり!」と言われたか数えるのも面倒くさい。
0

2010/2/18 | 投稿者: 鹿苑院

私の父は物書きになろうかと思った時期もあったが、司馬遼太郎さんの作品を読んで、絶対に真似できないことを悟って物書きになるのをやめたらしい。
私も長くブログをやっているが、どうしてもさくら剛さんの面白さには勝てない気がする。
0

2010/2/17 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


「あねどきっ」
「めだかボックス」
「図説 ブッダの道」

どうだ、全然オレの人間性が読めないだろう?
0




AutoPage最新お知らせ