2010/1/15 | 投稿者: 鹿野苑

小沢幹事長へのバッシングにはムカムカさせられる。だいたい西松建設の件に関しては衆院選前から明るみに出ていた話だから国民はそれを折り込み済みで民主党を選んだわけで、今更追及するのは時期を逸しているし(鳩山首相の献金問題も同じ)、陸山会の4億円というのも取るに足らない話。

結局のところ、一連の小沢叩きは検察やマスゴミが民主党を潰すためのインネン付けに過ぎないと私は見る。目的は自民党に保護されていた利権を守るor取り戻すため。そもそも腐敗した自公の政治を終わらせるために国民の総意で選んだ政権交代なのに、検察やマスゴミの手前勝手な理由でそれを潰すなんてことがあっていいはずがない。

この騒動の影響で次の参院選には民主党は苦戦するだろう。あるいは負けるかもしれない。負けたらどうなるのだろう。また自公政権に戻る? そしてまたあのウンザリする政治が始まるわけ?

政権交代を機に日本の政治は良い方向に歩み出したのに、己が利権のために小沢幹事長の傷を粗探しし(自民党の議員にはそういう傷がないとでもいうのか、バカバカしい)、恣意的な報道で闇将軍のイメージを喧伝してその政治活動を妨害する。今は日本が一丸となるべき時なのに敢えてそれを邪魔する。国政を(少なくとも今までよりは)良い方向へ変え得るキーパーソンを、己が私腹を肥やすために蹴落とそうとしているとしたら…ああ、許しがたい。
2




AutoPage最新お知らせ