2010/1/9 | 投稿者: 鹿野苑

日曜日には観なかったので、今日土曜日の再放送が初見になる。なかなか硬派で良いんじゃないかな。期待できそうだ。

高く評価しているということを前置きしつつ、初回を観た限りでの不満点は2つ。
1.岡田以蔵が優遇されすぎ。以蔵は足軽なので武市半平太や坂本龍馬とあんな対等に付き合えるわけがない。
2.上士が下士を迫害しすぎ。確かに土佐藩には上士と下士の差別はあったのだけど、あそこまでネチネチいじめはしなかったし、そもそも居住エリアが全然違うので会うことさえ稀だった。

上記2つの不満点は、いずれも武田鉄矢氏原作の「お〜い!竜馬」と共通する。あの作品は特に上士が悪の権化みたいに描かれすぎということで、旧土佐藩主の山内家から抗議が来たくらいなんだが、NHKはつい数年前にその山内家の初代を主人公にして土佐藩の成立を多少美化しながら大河ドラマで描いたはずなのに、手のひら返すようにここまで土佐上士を悪者にしなくてもいいだろうと思った。まあ龍馬を語る上ではそのへんの誇張は常套手段ではあるのだけど。
0




AutoPage最新お知らせ