2009/9/3 | 投稿者: 鹿野苑

選挙前から自民党は民主党を批判するポイントとして、そのマニフェストの内容が国民への金のバラまきにすぎない、そのツケとして税が上がるに決まっているということを指摘し続けていた。確かに増税を危惧する国民の声も多い。どっちみち自民党政権が続いても増税していたに違いないが…。

ただ、民主党政権下での増税にはさほど問題がないのではなかろうか。スウェーデンを見よ、税は馬鹿高いが国民は貧しくなく、別荘を持って優雅な生活をしている者が多くいる。なぜか。
答えは簡単で、税金が国民のために正しく使われているから。これに尽きる。税を払ったところでどっちみちそれは国民への福祉という形で還元されるからだ。民主党の子育て支援金だの高速道路無料化だのもそれと同じことではなかろうか。税を国民のために正しく使って還元してくれるなら、増税したっていいじゃないか。私はそう思う。
0




AutoPage最新お知らせ