2009/7/28 | 投稿者: 鹿野苑

というわけで今日の夕食は韮雑炊にした。かの石田三成の好物だったらしい。生米から自分で作ったが、かなり美味い。明日はこれに徳川家康の好物だった八丁味噌を入れて食おう。「関ヶ原雑炊」とでも名付けようか(笑)。
1

2009/7/28 | 投稿者: 鹿野苑

私は夏が苦手だ。苦手な理由はいろいろあるが、ひとつには冷房が苦手というのがある。実は職場の冷房が効き過ぎていて、それが直撃する位置に座っていたために昨日から体調がおかしいと思っていた(特に技工室なんかクヌートでも飼っているのかと思うくらい異常に寒い)。で、昨日は早く寝て、朝は気分が良くなっていたので出勤したところ、またもや冷房で全身鳥肌。微熱程度だろうと思いつつ職員用保健室で熱を測ったら38.3℃だった。指導医に話したところ、午後から有給を取って休みなさいとのことだったので、今は自宅でこれを書いている。同僚みんな、「お大事に」とか「早く帰って寝ろ」とか言ってくれたが、一人だけ「そんなもん熱のうちに入らん!」とぬかした奴もいた。まあこの男は授業中に先生に中指を立てて留年するような人間なので(その他にもすごい伝説がいっぱいあるが、ここは悪口ブログではないので省略する)、その言い草はスルーしておこう。

ところで、小学校時代から思っていたことだが、私と同年代の人間は冷房をやたらに強くしたがる傾向があると思う。冷房なんて夏の暑さを普通の温度にまで下げるくらいでいいと私は思っているが、どうも周りのみんなは喫茶店並みにキンキンに冷やさなきゃ冷房の意味がないとでも思っているようだ。小学校時代など、夏に友達が集まってみんなで遊ぶ時には私が震えるくらいの温度にして、「やっと気持ちいい温度になった」と言う者が多数派だった。もっとひどいのになると、日光アレルギーでもないのに「太陽の光が嫌い」と言ってカーテンを閉めて、外が明るいのに電気をつけようとするのもいた。人類も末だなあ…。
0




AutoPage最新お知らせ