2009/7/13 | 投稿者: 鹿野苑

このブログの児ポ法関連の記事に拍手が増えていることに気が付いた。これはうれしいことだ。
やはり「児童ポルノ規制」という一見誰が聞いても正しそうな名前のために表立って反対を唱えるのは難しいのかもしれず、これだけ声を枯らしているのにいつもコメントはほとんど無し、かつて「ブログをお持ちの読者様もこの問題を取り上げて情報を広めてください」と書いたが呼応してくれた方は一人もいなかった(読者様を責めるような文言で申し訳ないが)。友達にも危険を説いたが「そんなアホな話を真顔でするなよwww」というような反応ばかり。私の苛立ちと空しさは募るばかりだった。この声をちゃんと聞いている人が果たしているのかと不安にもなった。そんなところに拍手である。どんなに心強かったことか! 拍手にはコメントが付けられているものもあれば付けられていないものもあるが、どっちみち公開はされないシステムになっているので一つずつにお返事を書くことができない。この場を借りてお礼と返事の代わりとさせて頂きます。共に民主主義のために頑張りましょう。



5

2009/7/13 | 投稿者: 鹿野苑

麻生総理は最後に良い仕事をしてくれた。総理の内心の意図はどうあれ、評価したいと思う。

政権交代は私の望みだが、全面的に民主党を支持しているわけではない。いかがなものかと思う点もある。しかし今の与党がもう余りにもひどいので他に代わってもらいたく、それなら勢力の大きさからいって民主党以外に可能性がないというだけのこと。児ポ法に関していえば、自公案より民主党案の方がマシだが、あくまでもマシというだけで完全に良いとは思わない。完全というなら社民・国民新党案に賛同するが、規模からいって民主党と連立政権でも組まなければこれらが与党になるわけがないのが残念だ。まあ本音をいえば、実質的に自民と民主の2択しかないというのはキツい。それでも民主党を応援するのは、つまりは失政があれば政権交代が当たり前に起こる体制が欲しいから。これに尽きる。
0

2009/7/13 | 投稿者: 鹿野苑

都議選の大敗を受けて自民党内では、今衆議院を解散して総選挙したら勝てるわけがないとの理由で解散先送り論が強くなっているとか。なるほどわかりやすい図式で、不利な時の戦いを避けたい気持ちはわかる。でも、よく考えてみてほしい。選挙というのは勝つためにやるのか? 一つの党の都合で時期を左右していいのか? そうじゃないだろう。選挙は国民の声を聞く場。静岡県知事選、都議選ともう自民党は国民に信頼されていないことがわかったはずなんだから、一日でも早く解散して国民の声を聞き直すべきではないか。「今は負けるから選挙しない」では民意なんかどうでもよくて自分の党のことしか考えていない証拠にしかならないと思うがどうだろう?
0




AutoPage最新お知らせ