2009/4/8 | 投稿者: 釈鹿苑

今日は釈迦の誕生日である(前々から思っていたが、釈迦と呼び捨てにするのはなんか引っ掛かる。仏教徒として適切な呼び方は「釈尊」だが、これだとひょっとしたら釈迦のことだと分かってもらえないかもしれないので、やはり少々不本意ながら「釈迦」で続けたい)。

釈迦といえば仏教の開祖ということは誰でも知っている常識だが、開祖という言葉はちょっと誤解されやすいかもしれない。仏教という新しい教えを釈迦が作ったというように思われている可能性がある。そうではないのです。

釈迦がなした業績は、新しい宗教の「創造」ではなく、自然の法則の「発見」だった。そして仏教とはごく簡単にまとめると「自然の法則の中で生かされていることに感謝しましょう」というものである(阿弥陀如来とか大日如来というのはその自然の法則を擬人化したものに付けたあだ名のようなものか)。手前味噌だが、その感謝という教えを最も簡潔かつ純粋に説いているのは我が浄土真宗であると思っている。同じ「南無阿弥陀仏」でも他宗のそれは唱えることで阿弥陀如来に救いを求める「help me」の意味合いを持つ念仏だが、浄土真宗の念仏は阿弥陀すなわち自然の法則に感謝する「thank you」の念仏だからだ。これを「報恩感謝」という。だからこのブログの読者さんには耳タコだと思うが、仏教は死人を弔うための宗教ではなく自分の生き方を考える哲学だと私は考える。

…つい話が長くなった。ともかくもお誕生日おめでとう。
0

2009/4/8 | 投稿者: 鹿野苑

仕事は9時5時、宿題もなし。夕方以降はヒマそのものなのにネットとか読書とかDVDで遊びまくって、いつも睡眠時間が6時間を切って朝が辛い愚か者。それはワタシ。
0




AutoPage最新お知らせ