2009/3/19 | 投稿者: 鹿野苑

口内炎4つだった(ToT)
まあそのうちの2つは早晩ドッキングしてでかい1つになりそうなのでどっちみち3つになるんだろうが(号泣)。…もしかしてあれか、週刊ファイトの故・井上義啓元編集長が晩年に口の中が口内炎だらけになる病気で入院してたやつか?(怖)

ええい、こうなったらこれだ。
業務用薬品様のお通りだ!!!
…業務用って言い方は正しくないかな。ネオステリングリーンなんて普通に処方してるから。うちの大学病院でもよく使われてる薬。多分モンダミンよりは強力だろう(知らんけど)。
0

2009/3/19 | 投稿者: 鹿野苑

紀香&陣内離婚へ

人の不幸を喜んじゃいけないんだけど、ひとつの悪い時代が終わりつつある前兆だと思う。日本人誰もが個々の意見を封じ込めて、お笑い番組でもなんでもない一般人の日常会話にまで「空気を読む、オチを作る」ことを強制された忌まわしいお笑いブーム(第二の治安維持法だと思う)、「おもろい」のためなら人を傷付けても許された時代が終わりつつある前兆だと。
ここ数年はお笑い芸人というとそれだけでモテる時代だった。芸人がアイドルと次々に結婚することを、多少の僻みを込めて見ていた。お笑いを否定するわけじゃないけど、お笑い(芸人)ばかりがもてはやされ偏重される世の中にはもううんざり。陣内さんには何の私怨もないけど、世の中がだんだん悪い夢から目を覚ましてきたというふうに私は考える。テレビ局もお笑い番組ばかりを作ってきたここ数年の傾向から、ドキュメントのような多少は知的なものを増やす方向へシフト変更しつつある。「KY」が死語になる時代を1日も早く望む。


『時が熱狂と偏見とを和らげた暁には、また理性が虚偽からその仮面を剥ぎ取った暁には、その時こそ正義の女神はその秤を平衡に保ちながら過去の賞罰の多くにそのところを変えることを要求するであろう。』(ラダ・ビノード・パール)
0

2009/3/19 | 投稿者: 釈鹿苑

『ジッポウ』という雑誌が素敵だ。仏教雑誌だが、これが明るくて新しくてオシャレ。浄土真宗本願寺派が協力しているので、かなり浄土真宗に偏っている構成なのは否めないが、他宗の記事も少なくない。「仏教誌なんて年寄りが読むもの」というイメージがあるとしたら、『ジッポウ』はむしろお年寄りが読んでいる姿を想像することの方が難しい。ちょっと知的な若者が電車の中で広げているという感じがこの雑誌には似つかわしい。

ま、ここまでヨイショしときながら私自身は買ったことがなくていつも紀伊国屋で立ち読みしてるだけだが。
0




AutoPage最新お知らせ