2009/3/8 | 投稿者: 鹿野苑

野球ファン的には最高の勝ち方。プロレスファン的な視点からは一方的な凡戦というべきか。多分明朝の新聞は「イチロー復活!!!」なんて騒がしいことだろう。それよりも、台湾が中国に負けてたことに驚いた。
0

2009/3/6 | 投稿者: 鹿野苑

福島空港をウルトラマン空港と呼ぶことを提案。
なぜ福島かというと、円谷英二さんの出身県だから。

こういうことがあちこちで進むと、それがどこなのか分からなくならないか? 高知の坂本竜馬空港の場合は、竜馬の故郷が高知であることくらい誰もが知っているけど、円谷英二さんの故郷が福島だってことをどれだけの人が知っているか…? とはいえ、ウルトラマンフリークとしてはこの計画を応援したい気もする。これが例えばゴレンジャー空港とかだったら遠慮なく批判できるんだけど、ウルトラマンとなるとどうもね…、えこひいきしちゃうね。
0

2009/3/5 | 投稿者: 鹿野苑

まあ総括していうと、スッキリしない試合だった。村田のホームラン以外は中国の守備の拙さに乗じてコソコソと取った点という感じがする。

このブログはパブリックなものではなく、世の中への影響力も≒0なのでちょっと問題になりそうなことも書いちゃうけど、はっきり言って中国などは噛ませ犬のようなもんだろう。日本、台湾、韓国と世界一を狙い得る野球大国がひしめく中で、中国が勝ち抜けるとは誰一人思っていまい。こんな中国相手に勝ったっていっても、あんまり自慢にならない勝ち方だと言わざるを得ない。

あと、サポートキャプテンと称して中居正広がウロチョロしてるのはなんなんだ? 政治家には裏金が付き物のようにスポーツの国際大会にはジャニーズが付き物なのは分かっているが、このブログはパブリックなものではなく、世の中への影響力も≒0なのでちょっと問題になりそうなことも書いちゃうけど、女子バレーの国際大会になると1mmもバレーに興味のなさそうな新しいジャニーズが売名行為のために応援団と称して騒いだり、あまつさえ試合前とかハーフタイムをミニライブにしちゃうのって、あれは俺、嫌いなんだよなあ。中には観戦でなくそっちが目当てで会場に行ってるファンもいるだろうし、必死に闘ってる選手に失礼だと思うんだよねえ。まったくTV局はどこもジャニーズに甘すぎる。


ところで、普段中日ファンの私がこれを見て、一瞬「あっ、負けてる!!」と思っちゃったのは無理もないよね?
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/3/5 | 投稿者: 鹿野苑

今日からWBCが開幕する。それを思うたび、試合を観るたび思うこと……野球やりてぇ。

週に1回、日曜日にしかやれないのは物足りないよ。テレビで野球を観るってのはその代替行為でもあるんだけど、飲めば飲むほど喉が渇く酒の如く、野球を観れば観るほど野球をやりたくなる。これはつらいぜ! とりあえず、グラブの手入れでもしておくか…。
0

2009/3/3 | 投稿者: 鹿野苑

クリックすると元のサイズで表示します


フィギュアに興味のない私が思わず手に取ってしまったではないか。この人たちだけは特別なんだ。買おうかな、フジ隊員かコノミ隊員が出るといいなあ…ってとこまで考えてしまったが、「こんなの部屋に飾ってたら明らかにオタクくさいなあ…」という理性のみがすんでの所で私を止めた。とっっっっっても欲しいけど、でもこれからも買わないだろう(私は人の目線を気にする人間なのでございます)。
ちなみにこれはあくまでも第1弾で、以後シリーズ化するらしい。この商品の名前でググってみたところ、各所で共通した意見が、「第1弾であらかたメジャーなのが出尽くしてる。第2弾以降どうすんのかね?」というもっともな意見。私もそう思う。あと知名度があるのって言ったら、南夕子くらいのものではなかろうか? 個人的には経営する喫茶店でずいぶん親切にして頂いた美川隊員を希望したい。

…って買いませんってば!
0

2009/3/3 | 投稿者: 鹿野苑

桃の花の画像を。






















クリックすると元のサイズで表示します




こんなことして楽し〜のか、俺?



洒落を解説するほど無粋なこともないが、敢えてすると、ひと頃は川田がこの技(ストレッチプラム)を出すと必ず実況が「千鳥ヶ淵日本武道館に季節外れの桃の花!!」と絶叫していたもんだが、当時から私は「プラムって桃じゃないよな…」と思っていた。改めて調べてみると、梅、アンズに加えてスモモの意味もあるが、やはり桃は違うらしい。
0

2009/3/2 | 投稿者: 鹿野苑

インド産のお香は別に珍しくもなくアジアン雑貨のお店に行けば100円程度で簡単に手に入る。ただし、買うことはギャンブルに近い。「どこが○○の香りじゃ!!」と言いたくなるようなもの、部屋で焚いているこっちが燻製になるんじゃないかと思うほど煙が出るもの、ひどい時には買ってからカバンに入れて家に持って帰ると火をつけてもいないのにカバンににおい(この場合は「匂い」ではなく「臭い」と書くべきか)が染み付いてとれないものもあるらしい(さすがにこれは未経験。おそらくそこまでの物はそもそも日本に輸入されていないのだと思う)。

そんな中、懲りもせず2種類買ってきた。マンゴーの香りとイランイランの香り。敢えて両者は違う会社のものにした。マンゴーの香りはまあまあ。ちゃんとマンゴーを思わせる匂いがするし、終盤を除けば煙もおとなしい(コーン型のお香はてっぺんに火をつけると、終盤に底のあたりが燃える頃には当然燃える面積が広くなるので煙も多い。どのくらい多いかというと、こっちが燻製になるんじゃないかと思うほど)。
イランイランは…お察しください。
0

2009/3/2 | 投稿者: 鹿野苑

萬福寺の写真を載せました。御覧ください。
0

2009/3/1 | 投稿者: 釈鹿苑

浄土宗の開祖は法然上人で、浄土真宗の開祖は親鸞聖人。親鸞聖人は法然上人の弟子だから、浄土宗は浄土真宗より偉いのか、という人がたまにいるらしい。むろん浄土宗の僧侶や信徒が意図を持って言うのではなく、あまり仏教や歴史に関心や知識のない人が悪気無く言うだけのことである。

浄土宗というと普通は知恩院を本山とする鎮西派を指すが、光明寺を本山とする西山派もある。当たり前だが共に開祖と仰ぐのは法然上人。鎮西派を始めたのは法然上人の弟子の中の弁長上人で、西山派を始めたのは証空上人だ。浄土真宗を始めた親鸞聖人も法然門下で、弁長・証空の両上人とは兄弟弟子のため、位置付けとしては浄土真宗と浄土宗鎮西派・西山派は同等であり上下関係はない。だったら浄土真宗も鎮西・西山両派と同じように開祖を法然上人・親鸞聖人は二祖として、浄土宗常陸派とでも名乗ってもよさそうなものだ(浄土宗の場合○○派というのは二祖の活動拠点の地名が付いている。鎮西とは九州のことで、西山は京都の地名。常陸は茨城県)。現に親鸞聖人には浄土宗に変わる新宗派を立てようという気持ちはなかったらしい。ただ、師亡き後いくつかの解釈に分かれた浄土宗の中での真なるものという意味で浄土真宗といったにすぎない。それがあたかも独立した宗派のようになるのは親鸞聖人の曾孫・覚如上人の頃からである(その意味で親鸞聖人の意図と違うといって覚如上人を批判する声も根強くある)。

師・法然上人の葬儀において親鸞聖人をがっかりさせたことは、名だたる法然門下の弟子たちが十三仏法要を行ったことだった。明らかに法然上人の教えと異なるが、比叡山その他旧仏教勢力からの圧迫を避けるには、妥協して旧仏教の作法を取り入れざるを得なかったわけだ。その名残りで今でも浄土宗では十三仏法要をやっているらしく、実は浄土宗西山派への改宗を企てたこともある私の、これが浄土真宗に留まる決定的な理由になった。浄土真宗本願寺八代目の蓮如上人は「鎮西派や西山派は法然上人の教えが完全には徹底しておらず、自力の心が少し残っている人が始めた宗派だけど、浄土真宗とは兄弟みたいなもんだから仲良くやらなきゃいけないよ」と言っている。しかし現実には、浄土真宗という名称を巡って江戸時代にはかなりの対立があったようだ。浄土宗にしてみれば、「親鸞聖人の宗派に浄土の真の宗を名乗られたら、じゃあうちは浄土偽宗なのか」という言い分であり、なるほどもっともな言い分だと思わないでもない。このため明治までは浄土真宗はその名を許されず、一向宗という名を強制されていた。これは元々は浄土真宗とは違う宗派の名前が混同されたもので、
宗門としては早く返上したい名前だったのだが……この話は個人的に興味深いのでまた稿を改めて詳しく書くことにする。
0




AutoPage最新お知らせ