2009/2/20 | 投稿者: 鹿野苑

黄檗山萬福寺。聞き覚えのある人は少ないと思う。なにしろ京都郊外の宇治にあるので、京都市街の数々の観光地とは逆方向のため、ここに行ったら後は平等院くらいしか行くところがなくなってしまう。「たまには定番を外して珍しい所に行きたいなあ」と思うほど、京都市街を歩き尽くした人間だけが訪ねることを許される幻の寺院である(ウソ)。京都駅のコインロッカーに入れたボストンバッグの中に折り畳み傘を置き忘れた自分を罵りながら最寄りの駅から雨に打たれて歩いた。

黄檗山という山号からわかる通り、黄檗宗の本山。開祖は隠元という中国人の高僧だが、黄檗宗という宗派よりも(だいたい素直に黄檗って漢字を読める人がそうそういないだろう)、隠元自身よりも、ほんのおまけで日本に伝えたはずのインゲン豆の方がはるかに有名になってしまったことは隠元にとって大誤算であったろう。これを書いている私の携帯電話も、「いんげん」まで打つと予測変換で「隠元豆」は出るが「隠元」は出ないため、仕方なく「隠元豆」と打った後に「豆」の字だけを削除している。

萬福寺の特徴は、開祖隠元が中国人のため、日本にありながらすべてが中国風なこと。建築様式や仏像はもちろんのこと、念仏の読み方も「なむあみだぶつ」ではなく「なむおーみとーふー」である。大雄宝殿(普通の日本の寺院では本堂と呼ぶ)の前に置いてある線香立てがこれ。きれいだなあ! ちなみに線香も中国線香といって、日本のものとは形が違っていた。

クリックすると元のサイズで表示します


これが大雄宝殿外観
クリックすると元のサイズで表示します


回廊
クリックすると元のサイズで表示します


山門
クリックすると元のサイズで表示します


どうだ、中国の匂いがするだろう。もちろん、海外旅行に行きたいのに金がないから苦し紛れに異国情緒のある所を選んだわけでは断じてない(号泣)。
0

2009/2/20 | 投稿者: 鹿野苑

洛南に入った私の目に飛び込んで来たものは、「焼肉小倉優子〜みんなで焼肉たべりんこ〜」という目を疑う焼肉店の看板だった。なるほど、京の都には一木一草に至るまで平安の昔よりのいにしえ人のもののあはれが宿って…っておい!!!! この店の店員は団体客から予約の電話がかかってきた時も「はい、焼肉小倉優子でございます」と言わされるのだろうか。かなり強烈な罰ゲームである。そしてこの店で酒宴などを張って酔い潰れた暁には、目が覚めた時にはこりん星に連行されて手術では取り出しにくいようなきわどい位置に金属片が埋め込まれたりしているのかもしれない。

ええさて、京都駅に入ったところでまた驚いた。変わってる。何もかもが変わってる。リニューアルという月並みな言葉では表せないほどのリニューアルだ。俺が前に京都に来た時なんてそんなに昔じゃないぞ!? 結構ちょくちょく来ているというのに驚くべき変貌ぶりだ。さすがは日本一の観光都市・京都である。ラジオで京都在住のリスナーのハガキやメールが採用されると、投稿の内容自体はさっぱりと片付けられて、なんら関係ない京都トークで盛り上がってしまうほどの観光都市である。その点、私の住んでいる県などは新幹線も金閣寺も泉里香(しつこい)もなく、県外の人に名物を聞かれても困ってしまうほどに地味な田舎なので、ラジオで採用された時は実にじっくりと投稿内容に耳を傾けてもらえる。
あ〜、田舎でよかった!!(号泣)
0

2009/2/20 | 投稿者: 鹿野苑

現在2月20日(アントニオ猪木と、高校時代の友人の村田君の誕生日)の0時20分。このブログの読者カウンターの数字は3人。1人は私だが、あとの2人、どなたなのだろう? 本日が始まってまだ20分しかたっていないのに、このブログを読みに来てくれる心。うれしいじゃないか。もしかしてオレのファン?…まさかね(笑)。そのありがたい読者様の期待を裏切る内容の文を最近多く書いているという自信はかなり強固にあるのだが、それでも呆れずに読んでくだされば幸いである。
0




AutoPage最新お知らせ