2009/2/1 | 投稿者: 鹿野苑

実にしみじみと、聴かせる歌である。この曲を聴いて何も感動しない地球人はいないだろう。
0

2009/2/1 | 投稿者: 鹿野苑

徳川家康が若い頃から浄土宗の信仰に篤かったのは有名な話だが、一向一揆に苦しめられた大名のご多分に洩れず浄土真宗は好きではなかったというのも定説になっている。一揆平定後、徳川領では20年に渡り浄土真宗は禁止となっていたのだから。

石川妙西尼(妙春尼という説もある)という人がいて、この人は家康の母の妹、つまり叔母にあたる人だが、浄土真宗の熱心な門徒だった。この人の嘆願によって徳川領内での真宗は解禁になる。宗門にとっての大恩人である。

この妙西尼の嘆願による解禁が織田信長の死後すぐであることを考えると、家康は本当にそこまで真宗を嫌っていたのかどうかという疑問が湧いてくる。つまり、石山本願寺と泥沼のごとき長期戦争を戦った同盟者・信長に遠慮した結果の禁止措置ではなかったか。なにしろ名目上は同盟でも実質は信長は家康を支配していたに等しい。信長の命令で家康は自分の長男を切腹させているくらいだから。

「家臣というより親友」といわれた本多正信は三河一向一揆の時に信仰ゆえに家康を裏切り一揆に加担しているが、徳川家に復帰したあとも信仰は捨てず、今も墓は西本願寺にある。本当に家康が真宗嫌いだったら、そんな人間を自分のブレーンにするだろうか?

ただ、好き嫌いはともかくとしてやはり一揆への警戒は終生忘れられなかったようだ。そのため本願寺勢力を二つに分けて、西本願寺と東本願寺にしている…というのが従来の見解だが、元々本願寺兄弟の不仲と秀吉の横槍のせいで分裂しかけていたのを家康が承認しただけというのが本当らしい。力を削がれた本家・西本願寺はアンチ徳川で、独立を承認してもらった東本願寺は徳川シンパというのも有名な話だ(幕末になると西本願寺が反幕志士を匿うということが多々あったため、それを阻止するために新撰組がなんと西本願寺内に間借りして本部を置くという荒技をやっている)。ともあれ分裂によって仏門が一揆という戦争をやらないようになったなら、本願寺分裂もそう悪いことではなかったと私は思っている。
0




AutoPage最新お知らせ