2009/1/11 | 投稿者: 鹿野苑

ソフトバンクで携帯機種変したらコシヒカリ12kg(!)貰ったので、美味しく食べながらふと思った。コシヒカリやササニシキといった優良品種が開発されていない時代、たとえば織田信長や豊臣秀吉が食べていた米はどんな味がしたのだろう? 今普通に買える米はどんな安物でも最低限真っ白で粘り気があってもっちりとしている。品種改良の過程で、美味しくないという理由で食用にされなかった品種もあるが、好奇心や知識欲からそういう美味しくない米を食べてみたいと思ってもそっちの方が難しい。赤米というのは時々あるが、あれは古代すぎて信長や秀吉の食べていたものとはまた違うだろう。戦国時代の米…興味あるなぁ。
0




AutoPage最新お知らせ