2008/12/31 | 投稿者: 鹿野苑

今年一年を漢字で表すと、これだ。

「負」もしくは「敗」。

いやもう、特に下半期は負け続けだった。「負け癖が付いてる」という表現を使ったことさえある。とにかく、いろんなことに負け続けた。中にはあちこちでコロコロ負けながら最後に何故か勝つという劉邦のような人もいて、英雄の好みとして私はそっちの方が好きだしそうなりたいと思っているのが唯一の慰めである(項羽にはなりたくないし、なれないという自覚もある)。

では、今年もこのブログを読み続けてくださりありがとうございました。
0

2008/12/30 | 投稿者: 鹿野苑

引き続きソフトバンクで、機種は820SHになった。色はドラゴンズカラーの青。そして初ワンセグ! そういえば子供の頃、携帯テレビなんてあったらさぞ良いだろうなと思っていた夢が、忘れた頃にひょっこり叶ったわけだ。チューニングできるかどうかは別として…(電波悪いのかな?)。
0

2008/12/29 | 投稿者: 鹿野苑

やっぱりアルフは面白いなぁ…と思いながら湧いた素朴な疑問。あの着ぐるみの中はどうなっているんだろう? 動きが滑らかだからピアノ線による操縦ではあるまい。第一それなら注意深く見ればピアノ線が見えるはず。とするとスーツアクターが中に入ってることになるわけだが、身長がブライアンより低い。大人でさえ夏場は失神することもあるという重労働のスーツアクターにも子役がいるんだろうか? そういえばピグモンも小さかった。
0

2008/12/27 | 投稿者: 鹿野苑

今日は折さんの誕生日。おめでとうございます。

今年も結局は一番多く聴いたのが折さんの曲だった。クオリティが高いから安心して聴けるのです。「ボクノリズム」なんて最高で、あれぞ本格派という感じが伝わってくる。シェークスピアがいたのがイギリス芸術にとって幸いだったのと同じように、折さんがいることが日本芸術にとって幸いといっても過言ではあるまい!
0

2008/12/26 | 投稿者: 鹿野苑

旧暦12月26日は徳川家康の誕生日。寅の年、寅の日、寅の刻だったという。この日、鳳来寺の薬師十二神将のうち、寅の神・真達羅(しんだら)大将の像が姿を消した。仕方がないので寺では新しく作って安置していたが、75年後、家康が亡くなると真達羅大将がひとりでに元の位置に戻っていたという。故に家康公は真達羅大将の化身だというお話。
これが根拠で親徳川サイドでは家康のシンボルを虎としている。アンチ徳川は狸と呼んでいるが…。
0

2008/12/25 | 投稿者: 鹿野苑

マイナーかもしれないが、奥州の相馬家という大名が好きである。理由はただ一つ。我が大伯父・平将門公の直系の子孫だからだ。なので太閤立志伝Vというゲームでは主人公に相馬家を選んで関東一円を統一してみたりもした。このゲームでは一地方を統一するとそこで終えるか、それとも引き続き全国制覇を目指すかが選べるが、私は関東統一で終わらせた。そして無論どんなに領土を拡大しても朝廷から官位など貰わなかった。関東に独立王国を築くことが他ならぬ将門公の夢だから。

史実の相馬家は長年隣国の伊達家と抗争を繰り返してきて、なかなかいい勝負をしていたようだが、確か私の記憶が確かなら関ヶ原戦後に一度改易されている。ほどなく復興しているが、なんとそのことを徳川幕府に嘆願して相馬家を救ってくれたのは長年抗争を繰り返した伊達政宗だった。戦った者同士の友情というか、じんとくるものがある。

徳川幕府も将門公には敬意を持っていたらしい。数百年も前の話だというのに朝廷に働き掛けて将門公を朝敵のリストから外させているし、将門公を神と祀る神田明神を江戸総鎮守に指定している。これに対して明治天皇が江戸城に入ると神田明神は城の遠くに移転させられてしまった。こんなところにも私の幕府贔屓・薩長嫌いの原因がある。
0

2008/12/24 | 投稿者: 鹿野苑

良い子にして待っててもサンタさんが来そうにないので、今夜の夜行で帰省することにします。例によってブログ更新はしますが、コメントの公開は数日お待たせすることになります。
0

2008/12/23 | 投稿者: 鹿野苑

さらりと発表されたものだから、
ええっ、マジっすか!!!
と飛び上がるでもなく、ごく静かに、自分でも不思議なほど妙に落ち着きながら驚いているんだが、私が尊敬してやまない方がこの秋に第二子を出産なさっていたそうです。

めでたい話じゃありませんか! 祝着の段、この上ありません。本当におめでとうございます。
0

2008/12/23 | 投稿者: 鹿野苑

自分で書いたタイトルをいきなり否定して恐縮だが、「イブ」という言葉に「前日」という意味はない。従って12月23日を指してクリスマスイブイブと呼ぶのはおかしな言葉である。「イブ」とは「evening」、夕方のことだ。

じゃなんでキリストの生まれた25日でなく24日を指してクリスマスイブと言うのか?って疑問が湧くと思う。
昔、一日の始まりが朝なのか夕方なのかで論争になったことがあった(ご存知の通り、今では夜中の12時ということで決着がついている)。その夕方派の人にとってみれば、現代の我々の感覚でいう24日の夕方がクリスマスの日の始まりの夕方になるわけだ。なので厳密には24日でもまだ夕方になっていなければクリスマスイブとは呼べない。

おっと、自分に関係のない異教徒のお祭りを語ってもしょうがないな。帰命無量寿如来 南無不可思議光…。
0

2008/12/20 | 投稿者: 鹿野苑

元中日ドラゴンズ(現フィラデルフィア・フィリーズ)のマット・ステアーズ。たまには選手名鑑なんてのも読んでみるもんだ。彼は今日、現役メジャーリーガーの中では私にとっての最大のヒーローになった。190cm代の大男がゴロゴロしているメジャーリーグで、彼は175cmである。公称だから本当はもう少し低いくらいだろう。そしてその彼のポジションが一塁である。一般には高い身長が求められる一塁手!

ルー・ゲーリッグ、清原和博、大豊泰昭と、野手で私が好きになった選手は一塁手が多かった。自分で野球をやるようになって、当然一塁を守りたい気持ちはあったが、この身長だから諦めていて、やりたいとさえ周りにも言わないでいた。前に書いたクロスプレーの危険も一塁手は少ないらしい(大体一塁ではランナーは駆け抜けるから)。

ステアーズさんに勇気をもらった。前に(多少の負け惜しみを込めて)外野は最高!って書いてから舌の根も乾かぬうちだけど、諦めていた一塁手、本気で目指してみようかな。そしてもしできるならステアーズさんに感謝のファンレターを書きたい。子供好きの優しい人で、オークランド・アスレチックスにいた頃はオークランドの子供たちが口を揃えて「大きくなったらステアーズになりたい」と言うほど慕われていたという。こんな素敵な人が我が中日にいたのか…。
0




AutoPage最新お知らせ