2008/8/2 | 投稿者: 鹿野苑

タイトルだけテンション上げてみたが、例によって何の興味もない(笑)。
前に、持続して応援するエネルギーが持てないから五輪もワールドカップも燃えないと書いたが、高校野球の場合はそれだけでなくもっといくつかの「興味を持てない理由」がある。

一つには私の冷め。高校野球ファンの不興を買うことを覚悟で言うと、たかが高校生の部活に世の中あげて騒ぐ理由が分からない。「それほどのもんかなあ?」というのが私の本音。更に言うと、野球部の大会ばかりが騒がれているのにも不快感を感じる。私は野球は好きだが、野球を偏重する社会構造は大嫌いなのだ。10年ほど前の米不足の時も高校球児には優先的に国産米が回されていた。そのことも私の野球偏重社会への嫌悪感を掻き立てた。

二つには、選手の名前を覚えるのが大変なこと。どんなスポーツを観戦するにも選手の個性を知っていて、贔屓の選手の一人でもいればなお面白いが、高校野球はせっかく覚えた選手も3年でいなくなる。だから最初から覚える気にならない。この点に関して言えば、選手の名を覚えやすい高校野球マンガはOKだ。「H2」や「4番サード」は私も夢中になって読んだ記憶がある。一度選手の名前を覚えれば長い間球界に残るプロ野球も好きだ。

三つには、「汚れなき球児」という幻想。それについては改めて書き直すのも不快なので、こちらを参照してほしい
0




AutoPage最新お知らせ