2008/8/18 | 投稿者: 鹿野苑

「一夢庵風流記」「捨て童子 松平忠輝」「影武者徳川家康」「花と火の帝」…。隆慶一郎さんの小説が好きだ。他の作家に比べて作風が熱すぎるというか、なるほど「北斗の拳」で有名な原哲夫さんの手で漫画化されるのも頷けるような小説が多い(「一夢庵風流記」は「花の慶次」と改題され、「影武者徳川家康」はそのままのタイトルで漫画化された)。その熱さがいい。とにかく読んでいて愉快だし、元気が出る。優劣付け難いが、強いて言うなら「捨て童子──」が一番面白かったような気がする。特に大坂城落城のシーンは感動的だった。落城間際に忠輝が…おっと、やめておこう。せっかく読む気になった人にネタバレするのは可哀相だ。
0

2008/8/17 | 投稿者: 鹿野苑

良い選手を見ると、「こりゃ来年は巨人に採られるな」と思ってしまう。
0

2008/8/15 | 投稿者: 鹿野苑

ゲーセンの戦国検定と三国志検定、ダブルでSランク獲りました!戦国は朝飯前だったが三国志はなんべんやってもAばかりで、正直かなり苦戦した。でもまあ、なんとかやりきった。今回は兄貴(正確にはいとこ)の助っ人だったので、恩賞として巨大なメビウスのソフビフィギュアGet!こういうUFOキャッチャー系は俺はからきしなので、こちらは兄貴に獲ってもらった。満足した!でも置場に困るなぁ。
0

2008/8/15 | 投稿者: 鹿野苑

あ〜あ、とうとうマジにオリンピック見ちまった。野球の台湾戦。ナイスゲームだった。世人はホームランを打った阿部や先発投手の湧井、抑えの上原をヒーローにするかもしれないが、私は8回にマウンドに登った藤川球児が凄かったと思う。目の醒めるような鮮やかなピッチングだった。ヘボ監督の私なら9回まで続投させてたな。星野監督が9回に上原を出したのは、不調に悩む上原に自信を付けさせ復活させるためらしい。目先の一戦だけでなく先々のことも考えての交代だったわけだ。やはり星野監督は名将である。

中日ファンで星野監督が好きだった私は、星野監督が阪神に移籍した時はひどく寂しかった。今やすっかり「星野監督は阪神の人」というイメージが定着しているのがやるせない(星野巨人入りの噂も時々囁かれるが、勘弁してほしいと思う)。それだから、今また星野監督をこっちサイドの監督として応援できるこのオリンピックは楽しい。
0

2008/8/14 | 投稿者: 鹿野苑

新聞で星野JAPANがキューバに負けたことを知った。やはりキューバは強い。私の個人的な感覚で言うと、本場アメリカより強いような気がする。ひとつには大リーグなどの情報が入るアメリカよりも、キューバの野球情報は入りにくいということもあると思う。人間知らないものは過度に大きく見えるか小さく見えるかどちらかだから。……とはいうものの、やっぱりキューバの強さは本物だ。日本代表がアメリカ代表と5回やれば2回くらいは勝てそうだが、キューバには1勝も難しいような、そんな底知れない強さを感じる。
0

2008/8/13 | 投稿者: 鹿野苑

前の記事の最後にも書いた通り、25日までの間、更新はしますがコメントの閲覧、掲載、レスはできません。長くお待たせすることになりますがよろしくお願いします。
0

2008/8/12 | 投稿者: 鹿野苑

女優AさんのBBSにて、ナイトホーク氏が改名した。どうやらここでの騒ぎが改名に追い込んだということらしい。これを受けて、私は2通りの文を書かねばならない。

1、荒らしがナイトホーク氏本人の場合
これはもう同情の余地がない。自業自得である。私の氏への糾弾を「いくらなんでもやりすぎ」「大人気ない」と思う方も多いだろう。当たり前だ。私だってそう思う。しかし、遠慮は無用とも思っている。人に対してふざけた態度で喧嘩を売る以上は返り討ちに遭う覚悟は当然できているはずだからだ。まさかとは思うがその覚悟もなくして、自分だけは無事ですむと思って喧嘩を売ってきたとしたらそれは余程の大たわけである。である以上、私が本気で返り討ちにしなければ彼をその大たわけと見なしたことになり、かえって失礼なのだ。
それと、「一罰百戒」という言葉がある。私のブログに限らず、よそのサイトを荒らすような輩は(とりわけ無関係な第三者を巻き込んでまでそれをやるような奴は)、こういう目に遭うという見本を示さねばならない。だから本音は気がすすまないけど、私は殊更にわざと残酷な言葉を使って氏を糾弾した。

2、荒らしがナイトホーク氏を騙った偽者の場合
本人が気の毒だと思う。同情を禁じ得ない。ただし、申し訳ないとは思わない。だって私は本物のナイトホークさんにはなんら攻撃を加えていないから。全ての悪の根源は他人の名前を使って荒らすような輩にある(自分の言うことが正しいと思っているのならそんな卑怯な真似はしないはずだが)。だから、もし本物のナイトホーク氏が偽者を名誉毀損で起訴するなら私は応援する。

くれぐれも言うが、荒らし呼ばわりはしても私は彼の意見にまったく聞くべきところがないとは言わない。だから彼が言う通り、Aさんには心から謝罪したし、初めは彼のコメントも削除せずレスしていた。私が問題にし、腹を立てているのはその抗議の過程で第三者を迷惑極まりない形で巻き込んだこと、そしてそれを得意がっていること等を含め、抗議の仕方が荒らしとしか思えないという諸々の事である。

ここまで書いて疲れた。いつまでもこんな不愉快な話を書いていてはせっかく読みに来てくれる方に申し訳ないし、一応この件に触れるのは終わりにしよう。私は25日までネット環境が無いに等しい所に行くので、その間、更新はするがコメントの閲覧、掲載、レスはできない。もし25日にフタを開けてみて、またおかしな荒らしコメントがあれば私も必要なことは書くが、なければ終わりにする。一応25日までは休戦と思ってほしい。この休戦がそのまま終戦になることを願う。
0

2008/8/11 | 投稿者: 鹿野苑

なぜか新日本プロレスからG1の案内がうちに来た。やっぱりG1は新日最大のイベント。客の入りも違うし、盛り上がりも大きい。柴田勝頼などは「テーマのないシリーズをやるくらいなら1年中G1をやればいい」とまで言っていたくらいだ。

私が観戦しに会場まで行った年は草間政一さんが社長で、8月15日・両国国技館の千秋楽をテレビ中継し、客席に総理大臣を招待すると言っていた。テレビ中継の方は実現したが、総理大臣は来なかった(当たり前だ。どう考えてもその日は広島の慰霊祭に行くに決まっている)。まあ批判も多かったがG1の千秋楽を生中継させたことは草間社長の功績だったと言っていい。その年は決勝戦で棚橋を破った天山が優勝したと記憶しているが、当時囁かれていたチャンピオンカーニバル(全日本プロレス)の優勝者(武藤敬司だったと思う)との頂上対決は実現しなかった。残念!

というわけで今年も熱いG1を期待します。
0

2008/8/8 | 投稿者: 鹿野苑

次回の「篤姫」のあらすじは、国を守ることを自分の使命と信じて安政の大獄を敢えて行った井伊直弼の心中を聞いて、篤姫が井伊を見直した矢先、その井伊が桜田門外に倒れるという話らしい。元々私は「篤姫」で井伊が悪役めかしく描かれていることに不満を持っていたが、これで満足した。井伊は幕府の大老として反対者を罰しただけ。為政者としては珍しくないことだ。井伊ばかりを一方的に責めるのは公平に欠ける。

自分が悪事を働いていると思っている人間など世界中に一人もいない。子供向けの番組では時々悪役が「我々は悪の秘密結社…」などと名乗ることもあるが、そんなこと現実には絶対にない。人は誰しも自分の信じる正義に忠実に生きている。ただ、それが周りから見たら明らかに逸脱している人だってたまにはいるというだけのことだ(例えばヒトラーはユダヤ人抹殺の蛮行を良いことだと信じていたに違いない)。

最近このブログを荒らしている自称ナイトホーク氏にしても、おそらくは愉快犯ではなく彼なりに「悪逆無道の鹿野苑を討つ」というつもりなのに違いない。事の発端は女優Aさん(ファンレターの返事をもれなくくれる偉い女優さん)のBBSに、私が「ファンレターの返事は今でもくれますか?」と書いたことに始まる。私は「Aさんも昼ドラ出演等で忙しくなったけど、まだそのファン思いのありがたい習慣は続けられますか?」と聞いたにすぎないが、自称ナイトホーク氏にはそれが催促に思えたらしい。「忙しいAさんに返事を催促するとは何事だ。迷惑ではないか」というわけだ。ただ、私の目からは「鎌をかけた」と称してAさんと共演した女優Bさんのでっちあげゴシップをわざわざ(こんなちっぽけな個人ブログとはいえ)ネット上に書いた氏のやり方の方が余程幼稚で低俗で、Bさんに対する迷惑行為に思える。要するに私から氏への反論は「お前に俺を責める権利はない」この一言に尽きる。目糞が鼻糞を笑うのは私は理解できるが、鼻糞が目糞を笑うのは滑稽である。氏の書き込みを公開さえせず削除する私を氏は「現実逃避」と罵るが、私に言わせれば相手する意義さえないのだ。理由は簡単。それぞれの正義を奉ずる者同士がどんなに議論したって話は平行線になるに決まっている。議論で勝って相手の意見が変わった例など一つもない。議論で負けた者は勝者に恨みを抱くだけである。だから氏の話に私は応じない。「話せばわかる」という言葉は美しいが、なぜ美しいかというと、それは虚構だからである。
0

2008/8/7 | 投稿者: 鹿野苑

今日は8月7日。本来なら今日が「ウルトラの日」になる筈だった。黒部進さんが言うには、ウルトラマンの故郷は当初、M87星雲となる予定だったらしい。M78星雲は実在するので、いつか未来に本物のM78星雲人が来て「どうしてうちの星の名前を勝手に使うのですか?」と文句を付けられては困るという配慮からM87星雲としたらしい。しかし、どこかでミスが生じて結局M78星雲になってしまい現在に至る。
この名残りなのかただのミスなのか、「ウルトラマンA」のエースキラー編で北斗星司がM87星雲なる言葉を口にしている。
ゾフィーの必殺技もM87光線である。各種ウルトラ本をみると「ウルトラの星の最高記録である87万℃を記録したから」という説明になっている。なんか誤植の言い訳くさいなと思っていたが(笑)、もしかすると手違いでボツにならざるをえなかったM87星雲へのせめてもの想いの表れなのかもしれない。
クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ