2008/7/5 | 投稿者: 鹿野苑

我が家のコスモスはうどんこ病により、全滅しました。

連作障害なんだろうな、植物病ってのも。まあ無理もない。ほとんど休耕せず常に何かを育ててきたもの。土の養分も貧弱になるし病原菌も蓄積する。連作障害を避けるために一度使った土は捨てるという人もいるくらいだ。私も今回は半分くらい捨てることにした。そしてやかんで沸騰させた熱湯を土にかけ、土中の病原菌を殺菌する。これだけでは善玉菌も死に絶え、次にまた有害な菌が増えるかもしれないので、先手を打って善玉菌を多く含む堆肥を混ぜる。善玉菌が優占種になればこっちのものだ。
堆肥は今回初めて使った。百円ショップの堆肥で、臭いを嗅いでみたが土の匂いしかしなかった。私も田舎者なので発酵中の堆肥の臭いは知っているのだけど(落ち葉と牛糞と鶏糞を混ぜて腐らせるのだからまあとんでもない臭いがする)、それだけに臭くない堆肥は安心したと同時に大丈夫かという不安も湧いた。完全に発酵しきったものは臭くないのかもしれないが。

こうして作った新たな土は、無論休耕させてやるほどの気長さは持てず、この前余ったダリアの種を蒔いた。咲き誇れ天竺牡丹よ。
0




AutoPage最新お知らせ