2008/6/22 | 投稿者: 鹿野苑

ジャスティス襲来…じゃなくて、襲来したのはErysiphaceaeというカビ。

うちのコスモスの葉になんか白っぽい粉みたいなのが付いてるから、初めのうちは葉に生えてる微毛かななんて思ってたんだが、段々そんなレベルじゃなくなってきて、枯れる葉まで出る始末。こりゃ病気だなと気付いて本屋でガーデニングの本を立ち読みすると、「うどんこ病」と判明。病害虫のページにいの一番に載ってた。カビだけにこの季節に好発するらしい。とりあえずありあわせの薬剤だけ散布しておいた。

しかし前のアブラムシといいErysiphaceaeといい、うちのちっぽけな、植物の本数も限られたプランターなんぞに寄生して何の得があるんだ?てめえらは儲けの多い所に行けない負け組か?もっと覇気を持てよな、まったく。
0




AutoPage最新お知らせ