2008/5/31 | 投稿者: 鹿野苑

木材を買ってきて、厨子を作った。面倒だから塗りは無しで白木。塗り職人の孫のくせになんて奴だ。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

蝶番をもっと目立たないようにすることも出来たが、それだと構造上短い釘を使わざるを得ず、固定力が弱くてスポスポ抜ける。仕方がないのでかくの如き姿になった。
私の父方の祖父は塗り職人だが、こういう木工も得意だった。祖父なら短い釘の問題を解決してもっと良い作品を作ったのだろうか。いずれにせよ、自分の中の祖父の遺伝子と対話しながら過ごせた楽しい時間だった。ただ、出来はあまり良くない。底が微妙に平らでないのか、つつくとカタカタ揺れる(上の写真もちょっと斜めになっている。つくづく祖父の才能を受け継いでいないことに嫌気がさす)。もっともこういう調整は入れ歯の調整と同じ要領で出来そうだが。

それが終わると次はクリームシチューを作った。一つだけ私には才能があると自惚れさせてもらうなら、それは料理である。このクリームシチューも素晴らしい出来だ。特に鶏のすき身と称するべらぼうに安い肉を入れたのが良かった。ささみではとても望めぬこの味の深さよ。得てして正肉よりこういう肉の方が味が深いことは多々ある。
料理の上手さは母方の祖父(健在)に似たのかもしれない。滅多に料理をする祖父でもないが、正月には必ず関東風のすき焼きを作る(ちなみに私の実家のすき焼きは関西風。このあたり、日本の真ん中岐阜県らしい)。私は祖父の関東風すき焼きよりも美味いすき焼きを他に知らない。正月といえば何といってもあれが楽しみである。この時は高級な飛騨牛を使う。母方の祖父は肉牛を育てていたので(今は引退して米と野菜だけを作っている)、そのあたりはこだわりがあるらしい。ともかくも美味い。
0

2008/5/30 | 投稿者: 鹿野苑

数日前から牛肉が食いたくて、安いオージーを買ってきて自分で焼いた(ジャイアント馬場さんじゃあるまいし、どうせ味の違いなんてわかりゃしない)。味付けは黒胡椒と醤油のみ。それにしても牛肉ってなんであんなに高いんだ。

日本では肉といえば牛、豚、鶏が御三家だが、世界的には牛や豚より羊の方がポピュラーらしい。理由は簡単で、羊を食べることを禁止している宗教はほとんどないからだ。牛はヒンズー教、豚はイスラム教で禁止されている。

ちなみに日本の御三家では鶏は一番安いものとされているが、このランク付けも国が変われば異なる。インドでは鶏肉が最高級で、羊が庶民的な肉である。

私はアザラシもトドも鹿も食べたが(!)、鹿が最も美味かった(身内贔屓か?)。あれに匹敵するほど美味い肉は、私は鴨くらいしか知らない。しかし、本当に一番美味い肉は鶴だという。無論今の日本では食えば罰せられるが…。
0

2008/5/28 | 投稿者: 鹿野苑

今ならあの時の家康公の気持ちが骨身に沁みてわかる。
0

2008/5/27 | 投稿者: 鹿野苑

大好きだからこそ、とても大切だからこそ苦言を呈する。今日はそんな苦しいことを敢えてした。多くは語らない。でも、後悔はしていない。
0

2008/5/25 | 投稿者: 鹿野苑

優しくできるように強さを持ちたい 見つける願い多いほど 僕はまた生きている
──折さんの曲の一節
クリックすると元のサイズで表示します


追記。
折さん公式サイトで発表された「R*L Radio theater~8畳より愛をこめて~2」のジャケ写が凄い!R*Lを知ってる人も知らない人も一見の価値アリ!(真ん中が折さん。左のうさ耳の方が私の尊敬するかかずゆみさん。右のネクタイの方が豊口めぐみさん。)
0

2008/5/24 | 投稿者: 鹿野苑

私がウルトラマンが好きというのを言葉には出さないが呆れ顔で見ている女の子がいる。それはまだいい。ただ、そのコが「私、○○○○○○○(作品名)が大好き」とか、「××××××(映画)を観に行きたい」とか言うのを聞くと腹が立つ。だってそっちの方がウルトラマンよりはるかに子供っぽいのだ(ただ、市民権は得ているから大人も多く観ている。それが苛立たしい)。
というか、観ればわかるがウルトラマンは子供向けなどではない。私は五十歩逃げた者が百歩逃げた者を笑うのはまだ理解できる。しかし、百歩逃げた者が五十歩逃げた者を笑うというのは理解の外である。
0

2008/5/23 | 投稿者: 鹿野苑

今月の更新状況を見てもお判りの通り、今恐ろしく忙しい。リンク先の皆さんのブログにもコメント等したいのですが、なかなかそれも…。読むだけはしてるのです。とりあえず今はそんなところで…。
0

2008/5/21 | 投稿者: 鹿野苑

良い言葉を見つけた。
「歴史は必ず繰り返す。歴史から学んだ知識を現代風にアレンジさえできれば無敵」

思えば私にはその材料が与えられているじゃないか。歴史の世界に足を踏み入れたのは小1の時。そんな早い段階からこの分野が好きになって、今日まで親しんできたのは天授のものと思うと、是非この力を試してみたくなった。とりあえずの目標が今目の前にある。まずはこれを、何らかの歴史から学んだ方法を使って解決してみたい。この特技が使いこなせれば、それは私にとってのスペシウム光線(もしくは八つ裂き光輪、アイスラッガー、ワイドショット、エメリウム光線、シネラマショット、メタリウム光線、ストリウム光線、M87光線、メビュームシュートetc.…つまり必殺技ってこと)になる。
0

2008/5/19 | 投稿者: 鹿野苑

自信を持って出したレポートが酷評受けた。こういう時、何もかも投げ出してどこかに遊びに行きたくなる。それにしても、嫌いでその科に進む気がないのにその科の課題が最も忙しいってのはやりきれないね。これさえなきゃ大袈裟でなく私の今の生活は忙しさ70%カットくらいにはなるんだが。
0

2008/5/18 | 投稿者: 鹿野苑

もちろん悪法に違いない。ただ、政府や政治家ばかりを責める風潮はいかがなものか。この悪法の芽が出始めたのはなにも福田総理になってからのことではない。小泉純一郎の時代からである。医療保険にせよ消費税にせよ、値上げしますよと明確に言ってきた自民党に投票して、小泉総理を純ちゃんなどと呼んでアイドル扱いしてきたおばさま方、何の責任も感じていないのか?一歩間違えば衆愚政治に陥るという、民主主義の落とし穴がここにある。
0




AutoPage最新お知らせ