2008/3/31 | 投稿者: 鹿野苑

まだ春休みはあるが、やるべきことがたまっていることを理由に実家をあとにした。多忙は本当だが、今回は家出に近い。

こんなに不快な気分になったのは何年振りだろう。みっちり1時間近くも地元に残ることを説得された。説得といっても誠意ある穏やかなものではなく、私やその知人への罵履雑言と脅迫ばかりだった。
受験時代、田舎の大学に行くのを嫌がる私に「6年我慢すればどこに行ってもいいから」と確かに言った。メールの受信箱に証拠もある。また、「俺は親のすすめに負けて東京の会社をやめて地元に帰ってきたことを後悔してる。だからお前が東京に行こうが大阪に行こうがアメリカに行こうが絶対に止めはしない」とも言った。
それが今、「お前を医者にしたがったのは都会の企業に勤めずに地元にいてほしかったからだ」という奇妙なお言葉を承った。

高校時代、早く家を出たかった。2001年10月1日に父にとっての「わけわからんもの」である音楽CD・雑誌等を全部捨てさせられてから(本当はいとこに匿ってもらったが)は「家を出たい」は「こんな家にいられるか」に変わった。母もあの時それを仕方ないものとして認めてくれた。その母も今回の変節だ。

テレビはバラエティも野球もダメ。硬派なクイズ番組と時代劇と戦争映画のみ。音楽は70年代のフォーク以外はクラシックもJPopも「わけがわからん」からダメ。料理もフランス料理やイタリア料理は「わけがわからん」からダメ。仏教書を読めば「いい若いもんがそんなもん読むな」、若者らしく遊べば「チャラチャラするな、金を使うな」。そんな所に一生いろと言うのですか?

高校生までは、それに不服を唱えると「ここは俺の家や。文句があるなら出てけ」の決めゼリフに黙らされた。クーデターを起こして家を乗っ取ろうというのではなく、言い付けを忠実に守ろうとしているのにそれもダメなのか。白はやめよと言われて黒を選んだら叱られたということなど今に始まったことではないが。

70年代のフォークソングなど、それがどんなに名曲であろうが私にとっては圧制の象徴でしかない。レーニンやフセインの銅像と同じ。

私はそんな「わけのわからん」所に一生いなければならないのですか?
0




AutoPage最新お知らせ