2008/2/17 | 投稿者: 鹿野苑

ウルトラ兄弟最強の戦士は誰だろう?劇場版メビウスではこの問いに「ゾフィー?」と答えたタカト少年にミライが「正解はウルトラ兄弟全員。みんなが力を合わせた時が一番強いんだ」と答え、「ずるいよそんなの」と言われていた。確かにずるい(笑)。というわけでちゃんと検証してみよう。

まずはタカト少年の答えたゾフィー。ゾフィーのテーマ曲でもウルトラ兄弟No.1と歌われている。M87光線はウルトラの国最高記録の87万度という温度にちなんで付けられた名前である(ゆえにM78の誤植ではないという円谷プロの説明)。なるほど、強そうだ。
しかし、本編での対戦成績はあまり良くない。エースキラー、ヒッポリト星人、バードン、タイラント…。ゾフィーに土を付けた怪獣・宇宙人は少なくない。ただ、それらの闘いはいずれも遠くから戦場に駆けつけてきたのであって、その疲れも敗因と見なせばゾフィー最強説もウソではないかもしれない(メビウスに登場したゾフィーは確かに強かった)。

子供の頃読んだ「てれびくん」という雑誌には、角にエネルギーを蓄えておけるためタロウが一番強いと書かれていた。まことにウソ臭い。こんなもん却下だ、却下。決してタロウが嫌いなわけでも弱いとも思ってないけど、最強だとは思わない。それだけ。

ウルトラの父。まあ間違いなく最強だろうが、今回のテーマは「ウルトラ兄弟」最強なので除外。ただ、遠くから駆けつけたエネルギー消費がなければヒッポリト星人にも楽勝してた気がする(事実序盤はかなり圧倒してた)。リターンマッチともいうべきジャシュライン戦では圧勝したことだし。

勝率から言えば初代マンとセブンが一番成績が良さそうだ。力のマン、技のセブンといったところか。3代目メフィラス星人のグリップビームを胸で受けて平然としていたマンはいかにも頼もしかったし、ヒッポリト星人戦では最後まで粘ったのはセブンだった。どの文献にも書いてないが、私個人の感覚としてはこの2人が一番強そうな気がする。
0




AutoPage最新お知らせ