2008/2/9 | 投稿者: 鹿野苑

日テレの「斉藤さん」か。俺は観てないけど、朝のニュースで話題の番組として採り上げられてて知った。良さそうなドラマだね。俺の主張してきたことを代弁してくれてる。天下の日テレがこれを放送して、観月ありささんほどの大物が主演して、それが人気を集めるってのはやっぱり俺と同じことを考えてることが少なからずいたわけだ。これぞ社会の自浄作用。まだまだ世の中捨てたもんじゃない。
0

2008/2/7 | 投稿者: 鹿野苑

ヒラリーさんとオバマさんなら、私はオバマさんに大統領になってほしい。ブッシュ政権は何かにつれ日本を見下している感があるが、それはブッシュさんが白人だからということもあるかもしれない。そこへ持ってきてヒラリーさんが大統領になったらどうだろう?レディーファーストの国の白人女性。ひどく強圧的な政権ができそうである。片やオバマさんは黒人だ。ヒラリーさんとは対照的に「差別されてきた者」としての歴史を持つ。それゆえにヒラリーさんにはわからない他人の痛みがわかることもあるだろう。被差別民族ゆえの優しさがあるだろう。私はそれに期待する。
0

2008/2/6 | 投稿者: 鹿野苑

学習塾経営30年近くになる父がよく言うことで、私も家庭教師のバイト等してまったくその通りだと思う話がある。「子供の頃から英会話教室に行っていた子はほぼ例外なく英語の成績が悪い」ということ。学問としてテストの成績が悪いというだけでなく、会話もできないのだ。

当たり前である。英会話教室はいたって簡単な会話しか教えない。文法がどうの、主語や述語がどうのなんて教えずにごく簡単な会話をやるだけ。それでできたら褒めちぎるから、子供は「英語なんてこんなに簡単なものなのか」と思ってしまう。考えなくても答えが出せるから、考える習慣が身に付かない。それで中学に行ったらドボンだ。

私もバイトでそういう子にたくさん接してきたが、父の教え子にもそういう子がいて(というか無数にいるが)、ある時、三者懇談でそれが話題になったらしい。「先生、うちの子は子供の頃から英会話教室に行かせていたのにどうしてこんなに英語の成績が悪いんでしょう」という質問に対して父が上記のようなことを説明したら、横からその本人は無邪気な笑顔で「ぶんぽうってなに?」と聞いたという。そのお母さんは一晩眠れなかったらしい。

英会話教室に行くなら、せめて高校を卒業してからの方がいい。英語は難しいものと思っている人の方が油断しないから上手くいく。将来がある子供に人生なめさせるのは一番良くない。
0

2008/2/5 | 投稿者: 鹿野苑

いくら好きといってもこう毎日3杯も4杯も珈琲ばかり飲んでいたらさすがに飽きる(サコミズ隊長、すみません)。というわけで抹茶に手を出した。

抹茶を始めるのって金かかりそうだな〜って思ってたけどそうでもなく、茶葉も安いものなら珈琲豆より得だし、茶筅も100円ショップで300円で(ふざけてる…)、買えた。茶碗は御飯茶碗、茶杓はスプーンで代用するから、結局1000円以内で最低限必要なものは揃った。

抹茶は体に良い。普通の茶のように葉から成分だけ抽出したら捨ててしまうのではなくそのまま摂取するのだから栄養素が無駄にならないし、カフェインは珈琲より多いので目覚ましにも最適だ。あと、歴史マニアの本音を言うと茶の湯を楽しむ武将の気分に浸れるのも楽しみのひとつですな。
0

2008/2/4 | 投稿者: 鹿野苑

中国産餃子事件はなんか陰謀の臭いがする。つまり中国を陥れようという…。
私は右翼の連中が言うように中国人が劣った民族だとは思わない。四大文明のひとつを築いた民族が先天的に愚かな筈があるもんか。ただ、共産主義がいけない。「自分の頭で考えることは罪悪。何も考えず国家に従え」が共産主義だから、現代中国の頽廃はそこから始まっている。だから私は文化概念としての「中国」は好きだが、毛沢東の作った「中華人民共和国」という国家は好きになれない(プロレタリア文化大革命などは中国史の汚点である)。

中国を下に見る風潮が生まれている現在だから、『エースの願い』が重みを持って感じられる。
「優しさを失わないでくれ。弱い者をいたわり、互いに助け合い、どこの国の人達とも友達になろうとする気持ちを失わないでくれ。たとえその気持ちが、何百回裏切られようと。」
0

2008/2/3 | 投稿者: 鹿野苑

クリックすると元のサイズで表示します

科学特捜隊のフジ隊員。子供の頃から俺もお目が高かったじゃないかと少々満足する思い。
ちなみに「フジ隊員が初恋の人でした」ってハヤタさんに言ったら「今は見る影もないぞ」と実も蓋もない言葉が返ってきた…。

でもフジ隊員に始まるウルトラヒロインの伝統はやっぱり俺にとっては特別だね。メビウスのコノミ隊員マリナ隊員なんて思い入れが深い。あ、そういえばauのCMにミサキ総監代行が出てた。
0

2008/2/1 | 投稿者: 鹿野苑

実も蓋もないことを言えば、本名というのは苗字も名前も先祖や親から押し付けられたもので、自分の希望は一切活かされていない。
私は自分の苗字は平氏の名門だから好きだ。名前も祖父から一文字もらっていて愛着があるが、もう少し重みのある名前でも良かったかなと思わんでもない。

だから、自分で付けた『鹿野苑』というPNや『釈鹿苑』という法名に強く愛着を持つのは当然といえば当然だろう。なにしろ『釈鹿苑』の方はあの世まで持っていける。とりあえず東本願寺で200円で買った経本には「願主 釈鹿苑」と書き込んだ。今陶芸をやりたいが(観光地にありがちな体験コースくらいのやつね)、前にやった時は裏に「○○作」と本名を入れられた。今度は「鹿苑作」と入れてもらいたい。多分そのうち京都の清水焼工房あたりの体験コースでやると思う。

ちなみに、以前かかずゆみさんに「歯科だから鹿を名乗っているの?」と聞かれたことがある。逆です。PNを変えて鹿を名乗り始めた途端にかかずさんのラジオによく採用されるようになったから、こりゃ縁起がいいぞと歯科を選んだだけ(本当は「だけ」じゃなくていろいろリサーチしたけどね)。なに、ダジャレだって?いやいや、これは万葉集以来の伝統ある掛詞というのです!
0




AutoPage最新お知らせ