国会に卍固め、再び(消費税に延髄斬りはしないよ)

2013/7/25 | 投稿者: 鹿苑院

猪木、訪朝へ。

まずこの人はスーツにネクタイの写真でも赤タオルを首に掛けているのかとそこに衝撃を受けた(笑)。
維新の会幹部は「いまの参院議員の任期が満了する28日までは、猪木氏は民間人だ。訪朝に問題はない」と話しているとのことだが、こういう言い訳がましいことを言うから胡散臭く思われるのではないか。むしろその言い訳は要らない。議員として訪朝してもらっても一向に差し支えない。

猪木の当選に対して、「タレント議員への投票はいい加減にやめろ」という人がいる。まあその意見には賛成なのだが、猪木は当選させてもいい人物だとオレは思っている。議員としての実績もあり、湾岸戦争の時には独自の人脈でフセイン政権と交渉して邦人人質の解放を成功させただけの行動力もある。平和の祭典をかつて北朝鮮で行った縁から北朝鮮と対話できる数少ない日本人でもある。

オレは比例代表を誰に入れるか真剣に考えた結果、最終的には別の人に入れたのだけど、猪木も選択肢の一つとして充分にあった。結局選ばなかった理由はパチンコ業界との結び付きが強いことだが、これは北朝鮮とのパイプがあるということと同義でもある。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ