当たり前すぎるほど当たり前な話

2012/11/27 | 投稿者: 鹿苑院

あなたの家の近所に、何十年も昔の小学生時代の喧嘩を根に持ってあなたの悪口をあることないこと言い触らして回っている人がいるとしよう。そして彼は常々、あなたを破滅させてやりたいと公言しているとする。
そんな人がある日、あなたの家に上がりこんで、「あなたの家のお金の使い途を一緒に考えてあげるから、預金通帳とキャッシュカードの暗証番号を渡しなさいよ」と言ってきたらどうするだろう。

100人中100人が断るに決まっているだろう。0.01秒も考える時間が要らない当たり前の話。
家レベルの話なら誰でも解るこんな当たり前のことが、国レベルになると解らなくなる人がちらほらいる。外国人参政権を認めるというのはこういうことなのだ。

なお、その困ったさんが言い触らしているあなたの悪口をあなたが否定したら、彼の非は一切考慮されずに「オレをウソつき呼ばわりして名誉を傷付けたな!」と訴えられてあなたが逮捕されるのが人権侵害救済機関だ。

民主党が進めるこれらの法案に、自民党は両方とも明確に反対することをマニフェストに盛り込んだ。このことを見れば次の選挙はどこに入れるべきか明確に解ると思う。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ