烏鷺合戦

2012/7/23 | 投稿者: 鹿苑院

最近オレは囲碁にはまっている。なにしろ将棋は笑っちまうくらい弱いので、囲碁に活路を求めたわけだ。やってみるとこれが意外にできるもので、やはり勝てるようになると面白い。
なお将棋がどのくらい弱いかというと、大学時代に将棋の駒の動かし方から基本的なルールから何も知らない女の子にそれを教えて、「じゃあ実地でやってみるか」と対局したらガチで負けたくらいだ。

中国の漢詩だかなんだかに、きこりが山中で迷っていたら仙人どうしが囲碁の対局をしているのに出くわして、夢中になって観戦していたらいつしか手に持った斧の柄が腐っていたという話があるが、囲碁というのはそのくらい夢中になれるものらしい。

ヒカルの碁から10年。川上とも子さんもすでに世を去った。10年前に齧ってみて諦めた宿題を、今ゆっくりやり直している気分である。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ