サールナート

2008/3/22 | 投稿者: 鹿野苑

クリックすると元のサイズで表示します

漢訳名は鹿野苑。悟りを開いた釈迦が初めて説法を行った地。自分の名前の元となったこの地に行きたいと熱烈に思う。無論名前が表す通り、釈迦の時代から今でも鹿が多数生息している。釈迦の初めての説法を聞いたのは5人の修行者と、この鹿たちだったという。ちなみに金閣寺の正式名の「鹿苑寺」もこれにちなむ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ