政治不信不信

2011/9/2 | 投稿者: 鹿苑院

首相交代期の恒例行事で、野田新総理の人となり、経歴、嫁さんとの馴れ初め──などがテレビで流れているが、それはそれとして、「誰が総理になっても何も変わらないよ」という街の声もやはり恒例行事で紹介される。

しかしオレは言いたい。本当に誰が総理になっても何も変わらないと思っているとしたら、ちょっと政治音痴も度が過ぎているのではないか。何も変わらないと言い立てることで政治について知ろうとしない自分を正当化しているだけではないか。だいたい国民が主権を得るために努力し続けた先人たちの労苦を踏み躙るものではないか。

日本人は政治に対して無知で不真面目すぎるのだ。政治家と国民との隔たりがあまりにも大きすぎるし、国民が政治家を信頼していなさすぎる。政治家というだけでウソつきの代名詞、信じてはならないような風潮さえある。いくら政治家がダメだと言っても最低限やるべきことはやっているから日本の国が存在しているという当たり前のことには誰も気が付かない。
その代わりに、どう考えても政治家のせいではないことまで政治家のせいにして責任をなすりつけることには熱心である。東日本大震災も菅総理のせいと言わんばかりの論調もよく見られたが、ナマズじゃあるまいし菅総理が地震を起こすことなど出来る筈もない。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ