東山殿御持仏

2011/6/20 | 投稿者: 鹿苑院

ディアゴスティーニのDVDで、慈照寺東求堂に安置される足利義政の持仏阿弥陀如来をじっくり観ることができる。一見した印象は、あまり馴染みある顔立ちはしていない。日本風の仏像ではないのだ。中国宋の様式である。前にもこのブログで書いたように、宋様式の仏像は日本の仏像に極めて近いけれども、それでも感覚でわかる違いというものはある。日本文化の完成者でありながら、一面で宋の文化に憧れ続けた東山殿の持仏にふさわしいといえばふさわしい。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ