みだれ頭

2011/1/16 | 投稿者: 鹿苑院

仙谷も馬渕も嫌いではなかったオレは菅内閣の改造など不要だと思っていた。とはいえ、「嫌いではない」程度なので、絶対に改造すべきではないというほどの考えではなく、まあやるならやれば?くらいに思っていた。

しかし与謝野馨氏の入閣には失望した。民主党最高顧問である渡部恒三氏が、「自民党政権の中枢にいた人が下野すると民主党にすりよって大臣になるとは恥ずかしい」と言っていたが、まさにその通りである。まして与謝野氏はわざわざ本まで出版して民主党の批判をしていたではないか。本のタイトルは『民主党が日本経済を破壊する』。こんな変節漢がいるだろうか。みっともないの一言である。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ