六角堂へ参る身なれば

2011/1/9 | 投稿者: 鹿苑院

明日は京都に行く予定だ。主な目的は西本願寺で行われている報恩講だが、その後は六角堂頂法寺にも行きたい。
六角堂は天台宗に所属する寺院だが、若き日の親鸞聖人がここに籠って95日目に夢に聖徳太子が現れ、法然上人への弟子入りを命じたという、いわば浄土真宗萌芽の聖地でもある。
今まで京都はもう数えるのが面倒臭いくらい遊びまくっているが、何故かここは訪ねていなかった。浄土真宗が聖徳太子を崇めるのはまさにこの六角堂での出来事が理由で、私もそれに従い聖徳太子像を持仏としたことだから、やはりここは六角堂を一度訪ねるのが義務のようなものだと思うのだ。

…まあ本当は明日の予定なんてブログに書かない方が良いよね。だってほら、待ち伏せされても困るじゃん? 芸能人でも人気者でもないから入り待ち出待ちのファンなんていないだろうけど、オレに恨みを持ってる奴(児ポ規制賛成派とか?)が凶器持って待ってたり。ほら、あいつら規制案を通すためならどんな汚い手でも平気でやるからさ。ああ、やだやだ!
…と思ったけど、祝日返上して京都まで行ってわざわざオレを待ち受けて刺しに来るヒマな奴もそうそういないだろうと思って予定を公開した次第。刺しに来ないでね。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ