親鸞展に行ってきました

2010/12/30 | 投稿者: 鹿苑院

マブダチのUホークさんと一緒に名古屋高島屋で開催中の親鸞展に行ってきた。個人的に最も感銘を受けたものは、親鸞聖人愛用の笈と杖。なんとガラスケース等で囲まれることなく、裸でそのまま展示してあった。「触るな」とは書いてあるが、その気になれば簡単に触れるような状態である。俺は触らんけどね。

この手のイベントにせよ博物館にせよ、一番面白いのはグッズ売り場で、俺の場合は本物の名品を見る感動よりも本物そっくりのレプリカが手頃な値段で売っていることの方がテンションが上がる性質なので、そのための軍資金は豊富に用意して行ったが、実はこれに関してはさほどでもなかった。以前にこのブログで少しだけ載せた親鸞聖人フィギュアを楽しみにしていたんだが、間近で実物を見ると、何かが不満に感じて結局買わなかった。安っぽいとか作りが雑とかいうことはないんだが、肝心の顔が俺のイメージの中にある親鸞聖人とあまり似ていない気がした。結局買ったのは親鸞展ガイドブックと、聖人ゆかりの地のお菓子を二、三。このガイドブックはしっかりした内容で気に入ったし、お菓子は我が持仏の聖徳太子さまと一緒に食べよう。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ