2007/3/27

華やかなるもの。  蒼な精神論。


西高の後輩(生徒会)で演劇部でもある方々の演劇を観賞してきました。
自分もささやかに演劇経験があるので、とても楽しめ、またローカルなネタ満載で大いに笑えましたね。

演劇ってのは、役になりきることに精神を研ぎ澄まさなければいけません・・・それに、立ち振る舞いや感情表現の表現や台詞の暗記を付け加えていくと自分は思います。
役になりきる、これはとても難しいことですね・・・なぜなら、その演じる役の心情や考えを理解するという作業はとてもエネルギーが要る作業だからです。
たとえ有名な役であろうとその時そのときの感情を理解できないと、それは演じるにあてはまりません。

今回みさせていただいた劇は、「彼女たちの演劇」といって差し支えないでしょう。
彼女たちは彼女たちを演じていました。
「演劇部」というものを演じていたんです。
こういう「自分を演じる」ってのは簡単に見えるかと思いますが、私がかってに思うにとても難しいんじゃないかなとおもいます。
自分は自分であるから、それはとても見えづらいものでもあるかもしれないからです。

劇中において役を忘れたらおしまいですし、自分を無くすこともまたできないのです。
エネルギーのいる劇だなと正直に感嘆しました。

そして内容も濃いの一言・・・赤ずきんにおけるマルチな配役はとても楽しかった!!
さらにローカルネタの連発にうちの部長が笑っていました(レアな映像だ)。
なんでギンガマン???

あのあと帰りの車内はとても盛り上がりましたよ、昔話で。
なんというか「すげ〜部室と生徒会」を思い出す(ハイテンション)な演劇だったからでしょうね(笑)
なんか「今の現実」をみて爆笑してるあたり、それが爆笑です。

個々の技量もさることながら、とても楽しめる「いい演劇」だったと素直に思いました!!


ではでは、素人の評論はこの辺で。

先輩より
0

2007/3/11

いつの間にか、それは自然体。  蒼な精神論。


卯月先生から補給物資を頂きまして、なにからつくるべきか悩んでる蒼鏡華 史希です。
なにをもらったかといいますと「ガンプラ」です!!
とりあえず…まずはガザかな、好きだし!!
しばらくはちょくちょく作って楽しんでいきたいですよ〜!!

私自信は、自分はガンダムは作るより描く派の人間だと自分では思ってます(もちろん作ることも好きです)。
オリジナルデザインのMSをって感じです。
極端にいえばデザイン的な面でMSが好きなんですね。

ガンプラでもオリジナルを作るって人はいっぱいいますから、道は違えと志は近いはず。
そういう意味でガンプラやるの大好きですね。
絵は2Dですがガンプラ3Dですから…イメージをおこすって感じで。
絵の延長にガンプラありみたいな!!
自分の理想や想像を時間をかけて作り出す、その期間はたまりません!


そういえば、私は最近思うんですよね、「もの」にお金をつかってるんじゃなくて…「こと」や「その時間」にたいしてお金を払うんだと。
要するに…自分の満足感の為にお金を払うということでしょうか。
例をあげたらきりがないですが、たとえばカラオケなんかもそうですよね。
歌うためにはらうというより「楽しめる時間」の為にお金を払うみたいな。

世の中オタクってことばは偏見にまみれてますが、基本的に「満足感」というものに対してお金を払うのは誰もが同じでしょう。
オタクという人種はそれに特化した人たちなのかもと思います。
…が、そう考えると誰しもがなにかしらのオタクなんですよ?
だって自分の好きなことにお金使いますもんね。

実は、オタクということばの意味は果てしなくひろいのかもしれないと思います。
そう考えると、「オタク」はその人に対するほめ言葉なのかもしれませんね。
自分に素直なわけですからね。

ガンダムオタクとかガンダム好きは高校です!
だってPC部はガンダムネタ乱発なんだもの!!
なりたくてなるんじゃない、気づいたらなってたんだ!!

そんなわけでガンプラにはまれる私は幸せものですね!!
卯月先生ありがとうございます!!


なんか乱文になってまとまらなくなってきたのでこの辺で。夜中は頭が回らないね、蒼鏡華 史希。

0

2007/2/23

無閉鎖な世界と前。  蒼な精神論。


凄い人ってのカッコいいです。

世界中で偉い人ってのはとても少数です。
偉い人を考えるときまず地位の高さが考えられます、そして資産も多いとか学歴とかそうゆう人が「社会的に地位のある偉い人」なわけです。
偉いというのは概念的な社会的な面での発生と私はとらえています。

じゃあ、偉い人は凄い人なのか?
これは≠です。
世の中の偉い人ってのは、努力をした人しなかった人の二種類で…しなかったけど偉くはなってるよって人もいるかと思いますし(それもまた少数です)それは凄い人の定義にはなりません。

偉い人にはなかなかなれませんが…じゃあ、凄い人ってのは?

一昨日の夜にこんなメールがありました。
幼稚園の先生になるための実習が大変…子供との接し方は難しい。
そんな話です。

その方(同級生&幼なじみ)は、毎日がとても大変そうですが「自分のなりたい職業(夢)」の為に努力をされてるわけです。
幼稚園の先生になるための努力って、大人相手と違うから大変だろうと思いますが…でもその努力は凄いってのにあてはまると思ってます。今の私からみたら、遙か先にいるように見えてしまって眩しいですよ!

こう考えると一握りの偉い人より…やっぱ努力してる人は凄いと思いませんか?凄い人のがカッコいいと思いません?
そりゃ偉い人も偉い人なりの努力があると思いますよ、でも世の中にあるものってそれだけじゃないですし。

そういう自分を追いかけるってのは、やはりカッコいいと思っちゃいますね。
実習頑張ってくださいね!!!
0

2007/1/16

冬の空に。  蒼な精神論。


バベル。
昨日のお昼にそんな映画を紹介しててとても興味をもちましたよ。見たい!!


そんな繋がりで自分的に思う「バベルの塔」のお話を。

バベルの塔…シンアルの野に人々が共通の言語を話し集まり、天に届くだろう高さの塔を作っていた時代。
神は人々の知識と言動を知り、言語をそれぞれ変えてしまう。

急にかわった言語に驚いた人々はコミュニケーションがとれずバベルの塔の建造をやめて各地へ散っていく。

そんなお話ですが…もちろんフィクションととらへて問題ないはずです。

自分が思うに、通説である神に近づこうとした人への罰というのも考えにありますが…この話しは人類のジンクスと考えます。

コミュニケーションに壁をもった人類の。
共通言語は未だに誕生してません、発音やルーツやルールがどこかしらにかたよってしまうからでしょう。
一つへのかたよりは偏見と反発を生む。
言語を新生させるにしてもかたより無くは不可能に近いらしいです。

同じ人間でありながら、考え方や言葉は違うというのは神の狙いなのか…今の発展はそれのそれなのか?
神にばらされたコミュニケーション…それは今にまで続き、世界は世界を形成し、共通をもとめつつも人間とコミュニケーションの限界を見る。

人類の夢であろう共通言語は儚くも天に届く塔の上にしかないんですね。

綺麗にまとめた理由は…
日本語を世界語に!!なぜかって、英語が大変なのさ!!!

そんな受験の中に生きる蒼鏡華 史希より。
0

2007/1/9

頭の上で星は踊る、私に月は微笑むか。  蒼な精神論。


寒いなぁとしみじみ思い紅茶をのんで夜を過ごす。

考えごとは趣味なのかもしれないとふと思う。
何から考えてるのかわからないが何か考えている。

思考中はある種楽しい、頭が回っているのを実感できるから。
きっと、受験のせいだ…この考えごとの多さは。


さて、今日も勉強をやってやる!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ